【ガンプラの注意点】

明日から本格的に記事をUPするにあたり、個人的には簡単な素材で、手を掛ける箇所には手を掛け、それなりに見えるようにして自己満足に浸りたいので、ガンプラの中でも、好きなキャラのガンプラから作り始めようと思います。

妻からは「在庫ガンプラを作ってから購入すること!」という、おふれが出ているため、シャアズゴックからとしました。

ガンプラのバリエーションは各種あります

1/144でもHGUCシリーズと旧キットでは、改めて見ると箱の大きさが、ちょうど旧キット×2=HGUCの大きさとなっていました。ここで、衝撃的な昔のことを想い出してしまいした。

模型を買う時の注意点

シャアはガンプラのパッケージになってもカッコいい

旧キットのシャア専用機体の箱には、シャアが描かれています。下側には「ズゴック操縦士:ジオン軍少佐・シャア・アズナブル」と書かれています。

これを「パッ」と見て、シャアのフィギュアが付属していると思いこみ、意気込んで購入をしてから家に帰り、箱を開けて、「何で自分の分だけが付属していないんだ!」「なぜなんだ?」 (子供だからさ?)と落ち込んだことはありませんか?(私だけか・・・)

箱を良く見ると、左側に「※このキットにはシャアはついていません」と、ひらがなとカタカナで書かれています。私はこれが読める年齢と同じレベルか?(小学生低学年)「紛らわしいイラストは書くな!!!」と、言いたいが、間違いのレベルが低いので、自己反省しました。

皆さんもキットを購入するときは、逸る気持ちを落ち着かせて、よーく見ましょう!!!

スポンサーリンク

加筆追記日時: 2015年4月24日

昔のキットは、子供目線のパッケージが多かったような気がします。今のガンプラのパッケージは、CGを使ってとてもリアルなMSと情景を再現していますが、人間の想像力という観点からはストレートな情景パッケージは、意見の分かれるところではないでしょうか。そういえばMG(マスターグレード)のドムには、ハモンさんのフィギィアが入っていました。

加筆追記日時: 2015年12月7日

ガンプラもミリタリーものと呼ばれる戦争模型に取って代わり、今では社会的な地位をしっかりと確保して久しいですが、さらに改良を重ねながら新しい商品が発売されています。古いキットを探すのが大変な状態です。

少し前に息子が「SDのZガンダムが欲しい!」というので、藤沢にある「コバト模型」に行きましたがありませんでいた。後で調べるともう製造中止になっているようで、何となく寂しくなりました。

しかし、哀愁に浸ってばかりいないのが日本人のDNAというものなのでしょう。新しいモノが出ると思わず手にして「連邦軍もここまで来たか・・・」と、シャアばりのセリフを心の中で呟いてしまうのでした。