【五ェ門の斬鉄剣並みのクロー】

「鉄の爪(アイアン・クロー)」と聞いて、すぐに出てくる名前とは・・・

フリッツ・フォン・エリック – Wikipedia

と言える方は、「四の字固め」並みに、子供の頃にアイアンクローの真似をしていた方ではないでしょうか?

私は、エリックが、リンゴを右手の握力で握りつぶして、グチャグチャにしていたのを見て、とても怖かった記憶があります。

クローの先端で大豆を摘まめるかも知れない

MGズゴックの取扱い説明書には、【斬撃用に「アイアンネイル」あるいは、「クロー」などが装備された】とあります。また、【マニュピレ―ター並みの作業をこなす熟練パイロットもいた】とあります。おそらく、クローの先端で大豆を摘まめたり、書道が出来たりしたと思います。

更に、【3本のツメに加え、差替えで4本ツメも再現可能】と写真入りで紹介されています。でも、なぜ、3本と4本なのでしょうか?・・・一応、【破壊工作活動などの効果の実証や検討のため、装備するクローの数が異なるバリエーションも存在する】とも、書いてあります。では、何本まであったのでしょうか。

ズゴックのクローです柿の種ではありません ツメに1mmの穴を開けて真鍮線を1cmに切って瞬間接着剤をつけて差し込み手にあたる基部はエポパテで裏打ちし真鍮線付きのツメが差し込めるように1mmの穴を開けました

「柿の種」では、ありません。

ツメが開いているバージョンと、閉じているバージョンがありますが、今回は、閉じてるバージョンを使います。

ツメに1mmの穴を開けて、1mmの真鍮線をチマチマと1cmくらいに切って、瞬間接着剤を着けて差し込み、手にあたる基部は、エポパテで裏打ちし、真鍮線付きのツメが差し込めるように、1mmの穴を開けました。

旧ズゴックのアイアンクローが完成です

無事に、組み立てができました。本来なら、もっとツメを削り、四角くエッジを出すところですが、イメージが伝われば良しとします。(本当は、面倒なだけなんですが)でも、柿の種に似ているなぁ。

<編集後記>

本日も、最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

加筆追記日時: 2015年5月4日

今回は忘れそうになっていた旧ズゴックのクロー、爪の部分ですが、過去にも大河原邦男のポスター画に出ていたズゴックも、クロー部分が4本で描かれていて話題となったことがありました。