暮しの生活自由帳

健康で文化的な最低限度の生活を営むために、暮しの節約ネタや思わず手帖に綴って栞にしたくなる生活風景を自由帳にまとめています。

下から上へ・・・

この記事を読むのに必要な時間の目安は: 約 4 分です。

 

【足を作りましょう!】

さて、いい加減な製作作戦も決まりましたので、少しだけ真面目に旧キットを作ります。作るのは例のシャガミポーズを固定ポーズで作ります。アニメ版では、一発でジムをクローで貫き、ジムが爆発する爆風を避けるためにシャガンだポーズです。

HGUCキットをもってしても、立ち上がり始めたシーンを再現するのがやっとのようで、かなりキツイポーズです。

恐らく映画ターミネーターの登場シーンはズゴックのパクリか

HGUCのキットでもかなりキツいポーズです

取説の色分け見本は以下のようになってます。

旧キットはパーツごとに色を塗り分けた写真です

旧キットは初めから色が塗り分けられているので注意しましょう

で、キットは以下のようになってます。

旧キットは基本的に挟み込みです

クローも胴体その他と同じカラーです

肉厚はリーズナブルな分薄いです

肉厚が薄いのでしっかり接着しましょう

ちなみに、HGUCは以下のようになってます。何もすることがないようですね。お呼びではない?こりゃまた失礼いたしました!とっ。

旧キットのズゴックは2色パーツです

パーツ色が少ないと部品を間違えやすくなります

旧キットの足はドラえもんと同じ

仲良く寝ている訳ではないですが、旧キットはドラえもんの足と同じです。ポーズとしては、上半身はどうにかなりそうですが、下半身をかなり大掛かりに改造しないと、ダメなようです。

HGUCと比べると手抜きではなくメリハリがある

旧キットを素組みしてみるとかなりキツイポーズです

とりあえず、足の最中キットをスチロール樹脂用接着剤で接着し、1日以上おいてから、合わせ目処理を棒ヤスリと400番の紙ヤスリで行いました。

ダボは切り飛ばしたほうが接着しやすいです

ダボがないほうがしっかり接着出来ます

多分、貼り合わせる接着面同士の表面も、多少荒れていたほうが接着がしっかり付くと思われるのと、そのままでは合わせ目がピッタリと合わない可能性があるので、ここは男らしくキッパリとダボを落とします。

そして平らな面に紙ヤスリを敷き、接着面をこすって、他のパーツも接着面を平らに荒らしてから接着していきます。

本来なら紙ヤスリを使うのですが面倒なら真鍮ブラシです

真鍮ブラシを使ってもしっかり塗れば大丈夫です

合わせ目にヤスリをかけて大まかな処理が終わったら、本来、全体に紙ヤスリを掛けるところですが、私の場合、面倒なので「真鍮ブラシ」で、力を加減して表面を擦り、ヤスリと同じ効果が出るようにしています。

まあ、ヒケでパーツ表面が塗装後に、見るからに凹んで見えない限りは、この方法で十分だと思っています。

<編集後記>

本日も最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。2月26日は桑田佳祐さんの55回目のお誕生日です。おめでとうございます。GyaO!で2曲を独占配信しています。

↓ GyaO!桑田佳祐 「銀河の星屑」 「月光の聖者達」を独占配信

http://gyao.yahoo.co.jp/?cr0=2

加筆追記日時: 2015年4月27日

ガンプラの旧キットは肉厚が薄いので、しっかりと接着しておかないと、合わせ目処理や表面ヤスリがけの時に、ヒビが入ってしまったり、ひどい時にはパカッと接着面から割れてしまったりと、苦労が水の泡と帰す場合がありますから注意をしましょう。

また、耐水ペーパーでチマチマと表面処理をするのは耐えられないため、私は真鍮ブラシでパーツ表面を擦って、小さな傷を作り磨いています。

表面処理の紙ヤスリも基本は400番、せいぜい600番を愛用しています。(紙ヤスリは数字が大きくなるに従って細かくなります。鏡面を目指すなら1200番以上でしょうか)理由は「ヤスリがけをした満足感が得られないから」です。

400番ならつや消し程度の表面処理となりますし、最初にサーフェイサーで処理して色を塗るなら十分だと思います。逆に表面がツルツルだと食いつきがよくないので、塗料の乗りが悪い場合があります。

スポンサーリンク

 - 旧キット/ズゴック ,

PAGE TOP ↑