【本当は嫌いなスジ彫りの話】

地味なスジ彫り・・嫌いです。面倒です。出来ればやりたくないです。

でも、やらないと後で後悔するので、気力を振り絞って取り組みます。

スジ彫りの方法も、模型作りの中では、千差万別で、正解がないと思われる作業です。従って、スジ彫りに使う道具も、正解がありません。

自分のやりやすい道具で作業を行うのが、しいて言えば正解かも知れません。

左の写真は「カルコ」と書いてあります。チョットした時に使っています。

カルコと呼ばれる大工道具の墨ツボと一緒に使う道具です 畳針は材質が硬いので不要となったボールペンに組み込んで使っています

右の写真は「畳針」です。要らなくなったボールペンを改造して、中に組み込こんで、使いやすくしています。まあまあ使っています。

まだまだあります。スジ彫りの道具

たぶん、製図用だったと思いますが、先の太さが1mmくらいで、堅く、これも要らなくなったボールペンを改造して、合体させて使いやすくしました。

これを一番多く使っています。

製図用の針を改造して使いやすくしています

スジ彫りの方法はいたってシンプルです。針でまず、少しずつケガいてから、色々なデザインナイフをひっくり返して、刃の背の部分で、スジの溝を、更にナゾッて、紙ヤスリでバリを取り、更にスジの溝をナゾッてを、何回か繰り返します。

スジ彫り用の道具はノコギリ状のモノなど種類が豊富です スジ彫り用の道具はデザインナイフの先に挟んで使うことが多いです

今回、旧キットズゴックの上半身は、白い線の部分にスジ彫りを入れました。

旧ズゴック上半身のスジ彫りを入れた場所は白い線の部分です 旧ズゴック上半身の裏面にはスジ彫りをモノアイの黒い部分に入れました

他のパーツも、スジ彫りを適宜、入れています。が、時間がかかって、中々終わりません。う~疲れた・・・

そういえば、昨日のズゴックのクローの数は、すべてこのポスターから始まったようです。一説では、大河原邦男先生の勘違いで、4本で書いてしまったなんて言われています。真相はいかに・・・

大河原邦男先生のズゴックのクロー4本の図

<編集後記>

本日も、最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

Yahoo!ニュースに「コント55号 坂上二郎さんが死去」と出ていました。

ご冥福をお祈りいたします。数々の笑いと涙をありがとうございました。私も、コント55号を見ながら育った世代ですので、悲しいです。「夜明けの刑事」で、手拭いで汗を拭いているシーンも懐かしいです。「コント55号 机 1968 」のコントも懐かしい!思い返せば13年前・・・のセリフ

昭和九年会 – Wikipedia

昭和九年会(しょうわくねんかい)は、昭和9年(1934年)生まれの、芸能人の集まりによる親睦団体。この年に生まれ、大活躍した芸能人が多かった事から1976年に愛川欽也と長門裕之が中心になり結成された。とあります。もちろん、坂上二郎さんもです。が、引田天功さんや藤村有弘さんなどが、すでに亡くなっています。俗に、昭和ひとケタ生まれの方々は、思春期が終戦前後のため、栄養状態が悪く、血管が細いと言われていると聞いた事があります。

加筆追記日時: 2015年5月5日

つい先日、昭和九年会の愛川欽也さんが亡くなられましたね。訃報を聞くたびに昭和が遠くなっていく気がするのは、歳を取ったせいでしょうか。また、今回の記事は、東日本原発大震災の前日の記事でした。翌日にあんなことが起こるなんて想像も出来ませんでした。