【大きさ比較】

え~落語ではありませんが、恐いお話をひとつ・・・モビルスーツと呼ばれるものは、大体は人間の大きさ×100倍位の大きさとなっているようで、このズゴックも記録では頭上高が18.4mとなってます。(ただし、ガンダムF91のデナン系は小さいですが。)

HGと旧キットを比べてみまました

どうりで、HGUCは12cm、旧キットは11cmとなっていました。ここで、「ちょっとまってください、山本さん」的に考えると、今、作っている1/144のキットでは、170cmの人間が、1.18cmとなってしまうので、このサイズのシャアのフィギュアを作らなければなりません。まあ、作れないので、先に進みますが、ちなみに、1/100となるMGズゴックには、あろうことかシャアのフィギアが付いています。

恐ろしいサイズの人形付きガンプラ

精巧に作られたシャアのフィギュア付き

添え書きには、「1/100スケールで精巧に作られたシャア・アズナブルのフィギュア付き。」と書かれています。(真田信繁の戦国武将人形ではないですよね。ちょっとわかりませんでした。)しかし、誰が色を塗ると思ってるんでしょうか・・・

更に、1/700の艦船模型では、0.24cm(2.4mm)ですよぉ・・・これ以上は、とても恐くてお話できません・・・・

スポンサーリンク

<編集後記>

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。本題の模型の工作話が少なくなってしまい申し訳ありませんでした。明日からは、もう少し真面目に取り組みますので、お許しを。

さて、昨日、ついに皇太子殿下が51歳の誕生日を迎えられ、桑田佳祐さんの新しいアルバムが発売されました。FMヨコハマやTOKYO FMでも特集でサザンの曲も同時にガンガン流し、3/19の茅ヶ崎での模様の情報も沢山紹介され、まさにお祝いムードでした。

桑田佳祐さんの新しいアルバムが発売されました

茅ヶ崎で市民3万人が桑田さん復活を祝福

関連サイト⇒サザンオールスターズ公式サイト

加筆追記日時: 2015年4月27日

当時はサザンオールスターズの桑田佳祐さんが癌から復帰され、茅ヶ崎でもいろいろとお祝いムードを盛り上げていました。茅ヶ崎では、南口の茅ヶ崎小学校前の通りを「サザン通り」、駅から海までの通りが「雄三通り(旧・上原謙通り)」、そのほかにも「ラチエン通り」など、人物の名前を取ったゆかりの通りがあります。

加筆追記日時: 2015年12月14日

今回取り上げた恐ろしいサイズのシャア人形ですが、初めてMGズゴックを購入したときに、取説を例のごとくきちんと読まずにキットをビニールを開けてから出し、バンダイもここまで来たか・・・と自問自答していると、この小さなキットは何なんだ?と不思議な思いをしました。

だからでしょうか、後発のMGドムにはガイヤやハモンさんのフギュアが入っていましたが、10㎝程度の高さを有していましたから、きちんと認識が出来ました。

でもね・・・そもそも文句をつける訳ではありませんが、Why?ジャパニーズピープル!的に言わせてもらえば、MGシリーズは内部フレームの再現性が素晴らしいです。でもね・・・組み立ててしまったら内部は見えないんですね、当然ですが。だからといって外装フレームを分解してガチャガチャと遊ぶかといえば、そんなことをしたら塗装が一発で剥げてしまい、後悔してもしきれない状態となってしまいます。

ですから、ガチャガチャと外部キットを分解して、内部フレームを眺めながら満足感に浸りたい方は、塗装などせずにキット色そのままで楽しまれるほうが良いかもしれません。

だって模型雑誌なんかでプロが載せているレビューなんか見ると、アラ探しする訳ではありませんが一部塗装が剥げていたり、解説文に外装キットをガチャガチャ分解して遊ばないように注意書きがあったりします。

最後に、塗ったらバラすな!バラすなら塗るな!ということで、塗装のワンポイント講座でした。