吉田松陰先生の実家の杉家ではないですが、「あかぎれ」のお蔭で「会いたい」「あ痛い」の日々です。

ガンプラ挽歌指が痛い

日々の子育ての内、台所での洗いモノは十分に注意が必要ということですね。なるべく洗剤を使いたくないので、お湯で食器類を洗うのですが、手の脂分まで流れてしまうせいで、右手親指の横がパックリと割れてしまいました。

痛いです。

でも、松陰先生の実家では「あかぎれ」さえも笑い話にしてしまうほど、明るい家族だったことを想い出しました。

松陰先生の兄妹(兄の民治や妹の寿などいろいろな説あり)が、「あかぎれ」が出来ている足が湯で滲みて、風呂にもゆっくり入っていられず、風呂から出ても足の「あかぎれ」の痛さのせいで、「あ痛い」「あ痛い」と不器用に廊下を歩いている姿を見て、松陰先生のお母さんの「お滝」さんは、次のように詠んだそうです。

あかぎれは 恋しき人ひとのかたみかな ふみみるたびに あいたくもある
(あかぎれは、恋しき人の形見かな、文見る度に、会いたくもある)

意は、「あかぎれは、恋人からの大切な手紙です。だって手紙を読む度に、恋人に会いたい会いたいと想ってしまうから」という感じでしょうか。この逆境を、ものともしない明るさを見習いたいと思います。でも、痛いものはやっぱり痛いですね・・

私の場合は、あかぎれの痛みを我慢しつつHGUCギャンの工作です

親指の「あかぎれ」の痛みを我慢しつつの、HGUCギャンの工作です。

ここでは、このキットのネックとなっている膝関節のポリパーツを、プラ板やプラ棒で作ってしまうという、とても面倒で無謀な作業をやってしまおうという紹介です。

いろいろな改造方法があると思いますが、ここではまず①20ミリくらいの長さに切った5mmプラ角棒2本を接着して、一体化したものを左右分で2個作ります。

ガンプラ挽歌膝関節改造1

そして、②太ももパーツのポリパーツに差し込めるように形を加工して、3mmプラ丸棒を膝関節パーツにピンバイスで空けた穴に差し込みます。

次に、③スネパーツ側となる反対側も同じくスネパーツに差し込めるように加工します。

ガンプラ挽歌膝関節改造2

そして、④2→3mmの穴をピンバイスで空けて削りやすくします。

ガンプラ挽歌膝関節改造3

⑤小さなプラ用ノコギリかデザインナイフで溝になるように加工します。

ガンプラ挽歌膝関節改造4

そして、⑥膝関節側とシンメトリーの関係となるように削ります。

ガンプラ挽歌膝関節改造5

後は、⑦スネパーツのポリパーツに差し込めるように、形を出します。

ガンプラ挽歌膝関節改造6

ここで形を出してみたら、かなり弱弱しく薄っぺらになってしまったので、両サイドに1mmプラ板を2枚張り合わせたものを貼り込んで、強度と見た目を重視した形にしていきます。

ガンプラ挽歌膝関節改造7

プラ板を2枚貼り合わせてから削ったりする場合は、事前にプラ板同士を張り合わせておいてから加工したほうが、効率的に作業が行えます。

ただし、接着剤が乾くまで丸1日以上は固定しておく必要があります。

ですから、接着剤が乾くまでは忍耐あるのみです。

ガンプラ挽歌膝関節改造8

そして、膝パーツにプラ板2枚を蓄層したものを張り終えて接着剤が乾いたら、膝関節に本来使うポリパーツ部品を参考に、スネパーツのポリパーツに差し込めるような形を出します。

ガンプラ挽歌ギャン膝関節9

更に、ここまで来たらヘンな隙間がスネパーツとの間に空かない様に、膝関節パーツの別の面をボリュームアップすべく、プラ板を接着します。

ガンプラ挽歌ギャン膝関節8

そして、スネパーツのポリパーツに差し込めるように、3mmプラ丸棒を差し込んで接着します。

このくらいまでやったところで、親指が悲鳴を上げだしたので今日はここまでです。うぅ痛っ・・・

編集後記

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

考えてみると、私の場合、中学3年生くらいまで、毎年冬は、手の指の関節が全部パックリと開いていました。

寝る前に、メンソレータムを塗って、手袋をして寝ていましたが、全体に腫れ上がった手と指は、気候が暖かくならないと治りませんでした。

子育て中のパパやママは、しっかりとクリームを手に塗って、家事に備えましょう。そんな今夜の気分は・・・

スラムダンク マイフレンド Slam Dunk Ending 4 “My Friend”

スラムダンクはいつ見ても永遠だ。

スポンサーリンク