暮しの生活自由帳

健康で文化的な最低限度の生活を営むために、暮しの節約ネタや思わず手帖に綴って栞にしたくなる生活風景を自由帳にまとめています。

ケーシー高峰

この記事を読むのに必要な時間の目安は: 約 4 分です。

 

今回はチョット真面目に模型の話に戻します(タマには・・・)

「GOGG」のボディーを眺めていたら、やっぱり潜水艦というよりも、水陸両用かなぁと思いなおし、戦車式の塗装で仕上げることにしました。

円形劇場演出師と言われる、荒川直人さんが製作した「GOGG」のボディーがヒビ割れているのを、モデルグラフィックスで見たせいかもしれません。

戦車式とは、鋼板や装甲板が滑らかでカッチリした感じと、砲塔や鋳造部分の荒々しい感じの違いの大きさを強調する方法で、特に旧ソビエト戦車の鋳造部分の荒々しさは有名です。

荒れた表面を作る方法は、幾通りもありますが、今回はラッカーパテを使って簡単に仕上げます。

他には、パーツ表面に何度も液体接着剤を塗り、プラスチックが溶けてドロドロに軟らかくなったら、硬い筆で叩いて凸凹にする方法や、モーターツールに金属カッターを付けて、パーツ表面をガンガン叩いてキズを付けて荒らしてから、液体接着剤を塗って凹凸を作る方法などがあります。

まあ接着剤を使うと、後でリカバリーが効かないので、少々勇気がいる方法ですし、悲惨な結果となる確率が高いです。(経験談)

P1040322.jpg

P1040324.jpg

ラッカーパテに、溶剤か流し込み用接着剤を混ぜた「溶きパテ」を作ろうかと思いましたが、要はサーフェイサーのドロドロの奴なので、手元にあった「Mr.SURFACER 1000」の瓶詰め品の底にある、ドロドロをすくって溶剤でトロミを調節しながら塗りました。

正確には「塗る」ではなく、トントンと堅めの筆先を短く切った筆を、パーツと垂直に立てながら「叩き」ます。「北斗の拳」のケンシロウのように、「あたたたぁぁぁたたたぁぁぁあ!」と叫びながらやると、臨場感溢れる、とても良いモノができます。

P1040325.jpg

ある程度のパテの厚みがないと荒れた感じにならないので、荒っぽくひと通りパーツ表面を灰色にするつもりで、まず叩き、その後2回ほどパテを乗せながら叩くと、表面が少し固まりだして荒れた感じになります。

P1040327.jpg

この荒れた凸凹感のあるパーツ表面に後で洗い塗りとドライブラシをすると、コントラストが強調されて質感に説得力が出ます。

P1040328.jpg

「GOGG」や「DOM]などの表面積の大きなパーツのガンプラには、このようなパーツ表面の質感が違う手法が似合うと勝手に思っています。

P1040330.jpg

P1040329.jpg

頭・ボディー(本体)・腰・膝アーマー・足に、鋳造表現をしました。

1456_convert_20110614232750.jpg

決して、ケーシー高峰さんのマネをした訳じゃありませんので・・・(ケーシーさんゴメンナサイ。)でも、ケーシーさんの場合は、アルコールなら同じだろうとお医者さんの家系なので、家の病院?にあった「ナントカアルコール(メチルかブチルみたいの)を、お酒がわりに飲んだら、顔が荒れてしまった。」とTV番組で言ってたのを見たことがあります。「皆さんも、気を付けて下さい。」とも言ってました。

ちなみに、「ケーシー」はお家がお医者さんの家系で、ご自身もその道を目指していて、道途中で「エロ漫談」の道にとらばーゆされた経験から、アメリカの医者の人気TVシリーズ「ベンケーシー」からと、「高峰秀子さん」から頂いて「ケーシー高峰」と名乗ったとも言ってました。ん~ケーシーさんの黒板を使ったエロ漫談いいですねぇ。

「笑点」や牧伸二さんの「大正テレビ寄席」に良く出演されていました。あと「スラムダンク」の「牧進一」は、絶対に「牧伸二」さんのモジリだと睨んでいます。(勝手に・・・)

<編集後記>

本日も、ご覧いただきまして、ありがとうございました。

東日本大震災で被害を受けた方々に、一刻も早い復旧と復興を心から祈り、kizuna311を応援したいと思います。

絆[kizuna311]助けあい、乗りこえる。私たちの財産は [kizuna]

の中から、本日は、#28 クリストファー・ノーランからの手紙

こちらも、応援しております。模型のチャリティオークションで募金を東北地方太平洋沖地震復興応援プロジェクト「ボールジョイント」 チャリティオークション

balljoint-banner1.jpg

スポンサーリンク

 - HGゴッグ , ,

PAGE TOP ↑