暮しの生活自由帳

健康で文化的な最低限度の生活を営むために、暮しの節約ネタや思わず手帖に綴って栞にしたくなる生活風景を自由帳にまとめています。

GOGGバックパック

この記事を読むのに必要な時間の目安は: 約 2 分です。

 

HGゴッグを作っていたら、何となく「バックパック(通称ランドセル)がイメージに合わないなぁ」なんて、今頃になって思い立ってしまい、とりあえず「ボッテッ」としている排気のバーニアを薄く削りこむため、モーターツールにプラ棒を取り付け、バーニアを差し込んで、快調に削り込み作業をしていました。

本当に「刹那」の一瞬でした。「もういいかなぁ」 と思った瞬間、(下左)の写真のように、見事に形が変わってしまいました。原因は「熱」です。削り込んだバーニアがかなり熱くなっていて、指で触れないくらいでした。皆さんも、モーターツールには気をつけましょう。

バーニアノズルの改造

P1060219.jpg

P1060431.jpg

(上右)しかたなく、市販されているバーニアの手元に残っている分で代用することにしました。

(下左)折角、代用品を使うので、今流行りの「メタルバーニア」風にします。プラ棒とプラパイプを、写真のように流用してバーニアに組み込みました。

P1060422.jpg

P1060499.jpg

(上右)ついでにモノアイ基部が「真っ黒」だけではつまらないので、「WildRiver 荒川直人」さん風に、なんちゃって改造をしました。プラのカケラや、ジャンクパーツから切り出した極小部品を貼り付け、レール部は「木綿糸」で再現しました。

本体は、こんな風に塗り終えました。

P1060457.jpg

全体的な基本塗装が終わり、いよいよ「光と影のぶどうの房迷彩」を書き込みます。

「バックパック(通称ランドセル)」も、なんとか形に出来ました。めでたしめでたしです。「怪我の功名」で、うまく出来るように願張ります。

P1060430.jpg

<編集後記>

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました。

「一難去ってまた一難」・・・

娘の腕の骨折に目途が立ったと思ったら、一昨日に、今度は妻が骨折。部屋のドアに左足の小指を引っかけて、あえなく骨折です。

次の日に行った整形外科の先生から「一番多いのは家の中でのケガで、特にお風呂でのケガで来る人が多い」とのこと・・・家の中では、特に注意が必要です。皆さんもお気を付け下さい。

少し寒くなってくると、物悲しくなり、空気が冷たい中に響くサックスやピアノの響きを聞きたくなります。

【kamikaze 】Boz Scaggs – We’re All Alone

スポンサーリンク

 - HGゴッグ , , , , ,

PAGE TOP ↑