前回は、濃厚な娘との時間の中で、娘から、これ以上ないもてなしを受けてしまいましたので、お返しに【江ノ島】に行ったお話です。

今週は、息子の幼稚園は個人面談週間のため、体操服のまま朝から登園して、お昼前には帰って来ます。なので、午前中は娘だけですが、午後からは2人揃ってしまいます。

そこで、じいちゃんから、「お正月に江ノ島に行けなかったから、一緒に行こう」と、誘われていましたので、じいちゃんも一緒に、月曜日の午後に出掛けてみました。

ホテルパシフィックとパシフィックホテル

近年、「東京ディズニーランド」と「東京ディズニーシー」を合わせて、「東京ディズニーリゾート」と言うようになったらしいのですが、「パシフィックパーク茅ヶ崎」の中核としての「パシフィックホテル茅ヶ崎」(地元では通称「パシフィックホテル」)といまさらながら、こちらも解説されているようですね。

今では、上原謙と加山雄三が共同オーナーだったとか、著名人が多数訪れたとか、ホテルだけでなくドライブイン・ボウリング場・ビリヤード場・プールなどの娯楽施設を併設していたとか、最終的に横井英樹に買収されたとか、などなど・・・世相を反映した数奇な運命でしたが、バブル崩壊後は、1997年末まで廃墟としてホッたらかされ、横井英樹が亡くなった1998年に取り壊されました。

ガンプラ挽歌夏の前江ノ島1

そして、1999年、跡地に建った高級マンションが上の写真の「パシフィックガーデン茅ヶ崎」という、リゾートマンションです。

ちなみに、ブレッド&バターの「HOTEL PACIFIC ホテルパシフィック」は、1981年発売。作詞は呉田軽穂(くれた かるほ、ことユーミンこと、松任谷由実です)、作曲は岩沢二弓。サザンオールスターズの「HOTEL PACIFIC」は、2000年発売。同年夏に、茅ヶ崎公園野球場で開催された、「茅ヶ崎ライブ」の記念曲として制作・発売されました。また、サザンオールスターズと研ナオコが歌った「夏をあきらめて」の2番にも、「パシフィックホテル」が登場します。

変われば変わるものです。

江ノ島に向かう途中、信号待ちの時に、車中から撮影をして、昔を想ってみました。でも、後ろの席から子供たちが「お父さん、何撮ってるの?」「私にも撮らせて!」「カメラ貸してぇ!」「あっ、おねえちゃんズルイ!」とか、大騒ぎとなり、結局、「運転しながら、カメラを撮っちゃダメでしょ!」と、私が妻から、怒られました。みなさんも、運転中は気をつけましょう。奥さんに・・・

ガンプラ挽歌夏の前江ノ島3

妻に怒られてしまいましたが、気分を変えて。海岸線の国道134号線は、道路の拡張による片側2車線化が進んで、茅ヶ崎から江ノ島まで、平日ならこんな感じで空き空きなので、15分くらいで行けます。

現在、江ノ島~平塚の馬入まで片側2車線になっており、平塚の虹ヶ浜~大磯の西湘バイパス入口までを、気が狂ったように、造成して道路を拡張しています。「あっ、また写真を撮ってる!」と、また、妻に怒られてしまいました。もちろん、チクッたのは、子供たちです。信号待ちじゃだめか・・・

ワイワイと怒られたりするうちに、あっという間に到着しました。

エノスイ(新江ノ島水族館)横の、昔は交番で今はトイレとなっている場所の、裏の「江ノ電駐車センター」に車を停めて、ここからは歩きで移動です。

「東洋のマイアミ海岸」と呼ばれている、「片瀬海岸」では、現在、夏に向けて、海の家を大忙しで建設中です。もう夏ですね。

ガンプラ挽歌夏の前江ノ島6

それにしても、ボランティアの方々や、NPO法人の方々のゴミ掃除・回収のお陰で、ゴミのないキレイな海岸が保たれていました。ありがとうございます。子供たちも、裸足で砂浜を走っていました。

江ノ島に関しての情報は、藤沢市およびNPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営されているサイト

えのぽ 江の島・藤沢ポータルサイト

www.enopo.jp/

を、ご覧いただくとして、まず、「洲鼻通り」と呼ばれる、江ノ電「江ノ島駅」から下車をして、江ノ島へ向かう途中の、土産物店が並ぶ通りに行きました。この通りは、江戸時代に江ノ島弁財天詣に向かう旅人向けに、境川河口の砂州に設けられた道が起源、といわれています。

今回、じいちゃんが子供たちに、どうしても味合わせてやりたかったのが「射的」です。

州鼻通りに1軒だけ残っていました。「スマートボール」を楽しんだあと、「子供は台の上に乗っていいよ」と、おばちゃんが言ってくれたので、台の上から、生まれて初めての射的に挑戦です。

ガンプラ挽歌夏の前江ノ島5

結果は、仲良く1個づつ落とせたので、奥の壁に飾ってある景品から、好きなものを1個づつ選びました。娘は、小さな犬の置物を、息子は、スポンジの玉が飛び出す鉄砲を選び、さらに、指でまわす独楽(コマ)まで、オマケにいただきました。

ガンプラ挽歌夏の前江ノ島4

跳ね返ったコルク玉を、また打たせていただいたり、狙うコツを教えていただいたり、現代の、うるさいくせに、無機質なゲーセンでは、味わえない遊びを楽しませていただき、ありがとうございました。

ちなみに、この後、娘は「カッワイイなぁ、ワンちゃん。わたしね、ワンちゃんを飼いたいなぁ~。でも、わたしがまだ小さいから、人形で我慢するね!」と、嫌味たっぷりにアピールしており、息子は、鉄砲をじいちゃんに向けて、怒られていました。

射的を楽しんだら、こっちがメイン?の海岸での貝殻拾いです。

結局、波打ち際で、おとなしく貝殻拾いを楽しんで、満足するような子供たちではないので、二人ともパンツ姿になり、太ももまで海に入りながら、波と戯れていました。貝殻拾いをしていると、生きた小さな赤ちゃん貝がいて、波が引くたびに、体を縦にして砂の中に潜っており、「生きた貝がいる!」と、娘は大騒ぎで、今度は、貝集めを始めました。

ガンプラ挽歌夏の前江ノ島7

結構、沢山集まりましたが、みんなシジミよりも小さい赤ちゃん貝なので、「持って帰って、食べる!」と騒ぐ娘に、海に帰すことを言い聞かせると、「もっと、おっきくなったら、バイバイした貝を取りに来て、食べてあげるから、帰してあげる!」と、妙な納得の仕方をしながら、笑顔で海に赤ちゃん貝を帰していました。次に食べるために帰す・・・お前、たくましいなぁ。

ガンプラ挽歌夏の前江ノ島8

ただ、悲しかったのは、「この赤ちゃん貝も、放射能汚染に曝されてるのかな」とか、「この海も、放射能汚染で大丈夫かな」とか、「魚を捕っても、食べれるのかな」とか、「セシウムは川から海にも流れているけど、野菜は大丈夫かな」などなど、常に「放射能汚染」を考えなければならず、今後は、子供たちにも「放射能汚染」のことを、しっかりと教えていかなければならず、楽しい想い出の中にも、「放射能汚染」が付きまとうことが、とても悲しく思いました。

さあ2時間近くも海で遊んだから、風が出る前に帰りましょう。

帰るとき、パンを食べていた人が、「トンビ(トビ)」に襲われて、食べていたものが砂浜に転がると、何羽もトンビが飛来して、食べ物をさらっていきました。

ガンプラ挽歌夏の前江ノ島9

間近にトンビが来ると、ホント大きくて、彼らも頭がいいので、後ろから急降下で飛来されると、アッという間の瞬間芸です。みなさまも、海に行った時には、お気をつけ下さい。

ガンプラ挽歌夏の前江ノ島10

さて、次に来るときには、あの赤ちゃん貝は、どれだけ大きくなっているでしょうか。今から、食べることだけが楽しみな娘でした。

帰宅したら早速、戦利品の貝殻を洗って、干しました。

牡蠣(カキ)みたいな貝が多いですね。願張りました。でも、良く見ると「松ぼっくり」も入ってます。息子が、駐車場横で拾ったもののようです。

ガンプラ挽歌夏の前江ノ島12

これを見て妻がひとこと、「家の中には、持ち込まないでね!踏んだら足を切っちゃうんだから。」ごもっともです。

ガンプラ挽歌夏の前江ノ島11

あとで見たら、娘と息子が、ウソっこの料理の材料にするべく、土だらけのママゴトセットの横に、置いていました。今度は、 娘の手料理 の続編としてシーフード料理ですかね・・・

編集後記

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました。今日、6月9日は、内田裕也さんが推奨されるように、「ロックの日」ですが、往年のパシフィックホテルの、独特な姿を見ながら終わりにしたいと思います。

茅ヶ崎のパシフィックホテルをイメージして曲と映像を作った 「Good bye PACIFIC」

パシフィックホテルが取り壊されてから、もう15年ですか・・・