に行ってきました! 
でも、なぜ我が家のような中ほど以下の生活水準の一家が、
海・島・生きもののテーマパーク 横浜・八景島シーパラダイス!
に行ってこれたかというと、新聞屋さんから契約のご褒美にチケット大人2枚、小人2枚をいただいたからでした。

横浜・八景島シーパラダイス

〒236-0006 横浜市金沢区八景島  横浜・八景島シーパラダイス
TEL: 045-788-8888(テレフォンインフォメーション)

とはいえ、我が家が子連れでシーパラへお出掛けするのは、娘が生まれてからの10年間で3回目くらいですが、今回は妻のお義母さんも一緒です。なぜなら、お義母さんがお義父さんと一緒に来ないであろう場所に、お義母さんの誕生日のお祝いの代わりとして来たのでした。

さて、シーパラ専用の駐車場は近隣にいくつかあるのですが、

少しでも近いと思う駐車場とか自分が停めたいと思う駐車場に自家用車を停めたくなるのが人情でしょう。しかし、駐車場の周りには雨だろうとカッパを着込んだ警備の方が誘導のために、ポイントごとに立たれて「こちらにどうぞぉー」と案内をしておられます。

1.シーパラの駐車場へ誘導していただけるので安心です

ですから、警備の方の誘導に従って大人しく 1日1,200円の専用駐車場に停めましょう。なぜなら、八景島島内には一般車両の乗り入れができないからです。

横浜・八景島シーパラダイスへは、シーパラ専用の立体駐車場から徒歩で10分以内程度です。(今回はA駐車場でしたが、全部でA・B・CとE・Fがあります。Dは見当たりませんでした。)

2.駐車場からシーパラ入口へは徒歩で真っ直ぐ一本道です

海へ向かって真っ直ぐ進みます。子どもたちは我慢できずに走り出したりしますが、逸る気持ちを抑えて怪我のないように連れていきましょう。

道路の両側それぞれに歩道があるのですが、みなさんシーパラへの行きも帰りも駐車場側の歩道を利用しますから、歩道上の交互通行には十分注意しましょう。特に今回のように傘を差してすれ違う時は、お互い様で譲り合いましょう。

3.シーパラ入口手前には信号機があるので気を付けましょう

しばらく歩くとT字路の交差点に出ます。歩行者専用信号がありますので、ここでも逸る気持ちを抑えてきちんと待ってから渡りましょう。

横断歩道を渡ればすぐシーパラです。急いでいるときほどゆっくり落ち着いて行きましょう。

4.シーパラ入口は信号機を渡るとすぐ左手です

横断歩道を渡ってしまえば、シーパラの敷地と同じです。先には「マリンゲート」と呼ばれる、少しうねったデザインの運河を渡る橋が見えます。

ちなみに右側の方には、マリンゲートと並行して自動車専用道路がシーパラ内部に伸びています。

「なんだ車で行けるじゃん」と思われるかも知れませんが、あれは島内に団体バスや横浜行きのバスが行くための専用道路なので、一般車両は利用出来ないのです。

5.シーパラへは運河を橋で渡ります

ですから島内に行くためには、この全長190mの歩道橋「マリンゲート」を渡るか、専用道路の先に平行する「八景大橋」を渡っていざシーパラへ!なのです。

長くなりましたので、次回につづく・・・