上がってしまった愛車のバッテリーに応急的に対処した結果をまとめてみました。

さて、愛車のバッテリーですが、考えてみたら中古で愛車を購入した時に、中古店のスタッフの配慮でバッテリーは新品を乗せてもらいましたから、その時の新品バッテリーが今まさに上がってしまった現在のバッテリーであり、購入から約3.5年経過しています。元来、新品バッテリーは寿命が2年~3年と言われていますから、バッテリーの交換目安からすると、十二分に減価償却をして元を取った計算となるので、ここは大人の度量で怒りを抑えてヨシ!とするしかありません。

あがってしまった愛車のカーバッテリーを何とかしたい!

ただし、何でバッテリーがあがってしまったのか?を考えた時、原因は2通りしかありません。①【電気】ルームランプの消し忘れや、エンジンを切った状態で長時間車内搭載の電化製品を使って、寿命前にバッテリーが消耗してレベルが下がった場合、または、日産車に昔からありがちな電気系統の不具合、②【本体】バッテリーの劣化等で質が落ちて寿命のレベルが下がった場合、の2通りです。

今回の場合は、車を使用する頻度が週1~2回に下がっていた上、使用を始めてから3年以上経過して本体が弱った所に、猛暑で高温状態が続いたせいで、消耗が激しく本体レベルが急激に下がったためだと思われます。

ただ、、もしかしたら家庭内電気と同じ「待機電力」が車にも発生していますから、車載時計を初め、パワーウインドウのスイッチ部分も常に「AUTO」と表示をして光っていたり、全体に微弱ながら電気が流れていますから、何もしていなくても、バッテリーは消耗をし続けており、だからこそ、ある程度は車を走らせて、ダイナモにより本体発電によるバッテリーの補充をしておかなければなりません。

とりあえず充電あるのみ!

まず、大手自動車関連量販店に電話をして情報収集です。すると、バッテリーの新品販売はしているが、充電はやっていないとのこと。まあ、充電をしてしまったら新品のバッテリーは売れないので、当然と言えば当然のシステムでした。

次に、よく利用するセルフのガソリンスタンドに電話をすると、3,000円で充電が出来ると店の声ではなく天の声が。先程の車関連の量販店で新品バッテリーを買うと、大体7,000円以上しますから、まずは充電を試みてみることにしました。

カーバッテリーを外す時は必ずマイナス側から!

まず、愛車のバッテリーは、必ず①マイナス側⇒②赤いカバーのプラス側の順で外しましょう!。そしてバッテリーをビニール袋に包んで(当然愛車は動きませんから)、自転車の荷台にしっかりと縛って固定し、ガソリンスタンドへ向かいましょう。

マイナス側を外してから、プラス側を外しましょう!

さて、ガソリンスタンドに到着したら、バッテリーを調べてもらいます。すると、全く電気が残っておらず空っぽ状態でした。これではエンジンスターターを回すことなど夢のまた夢です。

意気消沈していると、ここですかさず、ガソリンスタンドの店長さんからトドメのひとこと・・・「充電して何とかしても、バッテリーは上がりやすくなっているから、結局、新品のバッテリーに交換したほうが安心ですよ」と勧められました。確かにそうなんですよね・・・が、申し訳ないけどガソリンスタンドは量販店に比べて、ほぼ原価でモノが高価ですから丁重にお断りしましょう。そして気を取り直して、そんなことよりも「とにかく充電をしてください!」とお願いをしたのでした。

ルームランプが微かに点灯してもセルは回りませ!

ちなみに、カーバッテリーの充電方法は、「①通常の充電方法では3~6時間くらいかかる。」「②急速充電なら1時間くらいで終わる。」の以上2種類です。

今の車になって3年目で初めてバッテリーがあがったのと、急いでいますから、急速充電をお願いして、一旦自宅に戻り、出来上がったら連絡を頂くことにしました。

1時間後、時間通りに充電完了の電話がガソリンスタンドから入りましたので、受け取りに行きました。充電したてのバッテリーは、かなりの高温で本体が過熱しており、かなり熱いですから、取扱いには十分気を付けるように店員さんから言われながらも、「本当は新品に交換した方がいいんですけどねぇ、いかがですか?」と、呪いの呪文にも似たセールストークを唱えられつつも、背を向けて逃げるように帰ってきました。

お家に着いたら、早速、出来たてホヤホヤの熱いバッテリーを今度は、「①赤いカバーのプラス側」から「②マイナス側」の順に繋ぎ、いざ「ガンダム行きまぁーす!」のアムロのように、愛車のセルを始動!

ルームランプも復活してセルも回ってエンジンが始動しました!

すると「おぉ!!!」と、何ともいえない熱い血潮の滾る、遠い昔に忘れかけた充実感と共に、リーチ1発で勢いよくエンジンがかかりました。辺りはすでに暗くなっていましたが、逝ってしまった魂が、今一度本体に宿った瞬間を体感しました。