暮しの生活自由帳

健康で文化的な最低限度の生活を営むために、暮しの節約ネタや思わず手帖に綴って栞にしたくなる生活風景を自由帳にまとめています。

我が家のひな祭り

この記事を読むのに必要な時間の目安は: 約 4 分です。

 

我が家の毎週日曜日の朝は【ゴーカイジャー】と【プリキュア】です。

ここで、お父さん・お母さん・お爺ちゃん・お婆ちゃん・おじちゃん・おばちゃん、その他子供と関わる総ての方々が、子供と仲良く出来るためにも、現在のプリキュアのおさらいを・・・

知らないと、私のように「●●プリキュアなのに、それくらい知らないの?」と、子供に言われて、更に「大人なのに知らないの?」と言われてしまいますよ。

でも、大人だから知らないんですけどね・・・ちなみに、今回、5人目のプリキュアが登場したら、娘は飛び跳ねて喜んでいました。

現在のプリキュアは【スマイルプリキュア!】です。

ストーリーは、おとぎの国【メルヘンランド】からやってきた【キャンディ】(注:前作のハミィにあたります)は、【バッドエンド王国】の悪者から世界を守るため、伝説の戦士【プリキュア】を探しています。3月4日(日)放送分で、5人目のブルーのプリキュア【キュアビューティ】(青木れいか)が登場しました。(青木さんは生徒会副会長です。”副”というところが、こだわりのような気がします)凄いペースです。

【スマイルプリキュア!】公式サイト http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/

まだ3月だというのに、5人の【プリキュア】が揃いました。この分で行くと、来年の放送終了時には、全部で60人近い【スマイルプリキュア!】が登場して、伝説が伝説でなくなる可能性は・・・ないですかね。

ちなみに、現在までに登場した【スマイルプリキュア!】は、ピンクのプリキュア【キュアハッピー】(星空みゆき)、オレンジのプリキュア【キュアサニー】(日野あかね)、イエローのプリキュア【キュアピース】(黄瀬やよい)、グリーンのプリキュア【キュアマーチ】(緑川なお)、ブルーのプリキュア【キュアビューティ】(青木れいか)の5人です。今後、名字に色の名前を付けながら増えていく可能性は・・・ありますね。

ささやかながらも、我が家のひな祭り

そんな我が家のひな祭りは、3月3日(土)は私が仕事で、娘は幼稚園で父母を招いてのお茶の発表会があったので、4日(日)に行いました。

ガンプラ挽歌お雛様1

とはいっても、妻がちらし寿司を作り、桜餅を買って来て、お祝いをしただけでしたが、子供たちは、ちらし寿司で「イクラ」と「エビ」を、お吸い物で「ハマグリ」を、甘い物で「桜餅」を食べることが出来たので、大満足したようです。

ガンプラ挽歌お雛様4

始めは、ケーキを買うことを考えましたが、お祝い毎に、ケーキを食べているような気がしたのと、何でもかんでもケーキじゃあダメだと思い、ちゃんと季節の和菓子でお祝いする事にしました。

親は日本文化を守る立場にありますので、ちゃんと正しい事を正確に教えなければと、改めて思い直した日でもありました。(大袈裟過ぎに言うと・・・)

「吉ふじ」の桜餅を購入しました。

桜餅は、我が家がちょくちょく利用させていただいている、茅ヶ崎市円蔵にある【吉ふじ】さんに注文をしておきました。

2種類の桜餅を、義父宅の分も一緒に購入。

ガンプラ挽歌お雛様3

ちなみに、一般的に関東地方で食べられている、小麦粉を原料とする焼いた皮で餡を包む桜餅を【長命寺桜餅】と言い、【江戸風桜餅】とも言うそうです。起源は、塩漬けの桜の葉を用い、江戸に発祥した桜餅だからだそうで、東京隅田川の向島で、はじめてこの桜餅が売られたという同名の寺があります。「ドラ焼き」の親戚っぽいです。

そういえば、岡山県倉敷地方には「むらすずめ」という、よく似た親戚もいましたね。そして、もう一つは、米粉を蒸して餅を作り、餡を丸く包んだ桜餅を【道明寺桜餅】と言い、【上方風桜餅】とも言うそうです。

ガンプラ挽歌お雛様2

起源は、道明寺粉を用い、桜の葉で包む桜餅で、京菓子にも見られるため【京風桜餅】とも言うそうです。大阪府藤井寺市に、材料の道明寺粉の由来にもなったという同名の寺があります。感じからすると「おはぎ」の逆バージョンと言ったところでしょうか。

子供たちは、そんなウンチクもそっちのけで「おかわり」コールの後、じいちゃん家に届けるべき桜餅まで、食べてしまいそうになっていました。

また、息子は今日、ひな祭りが終わったのだから、すぐに自分の「兜を出して!」と叫びまくっていました。たぶん目的は【かしわ餅】なんでしょうね。

お茶のおけいこから学んだこととは・・・

娘が幼稚園からお茶の【おしるし】なる、「たいへんよくできました」的な、賞状をいただいてきました。

ガンプラ挽歌お雛様6

話を聞くと、お茶会での作法の話などを熱く語っていましたが、「お茶会でどこが一番感動したの?」と聞くと、「和菓子が美味しかったこと!」と、何の迷いもなく言い、更に「もっと、和菓子を食べたかった!」とも言っていました。

「あと、3~5個は食べれた!」と熱く語る娘に、お茶のおけいこを通して、我が家の娘は【たくましさ】を学んだんだと気付きました。

ちなみに、娘が食べた和菓子も「吉ふじ」さんの和菓子だったそうです。

編集後記

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

最近、子供にカコつけて、一緒にプリキュアをはじめ、子供用番組を観るのが好きになってきました。続けて観ていると、クセになりますよ。ささやかな愉しみができました。

スマイルプリキュア! ED 「イェイ!イェイ!イェイ!」

プリキュアの振り付けは、「あややのモノマネ」で有名な「前田健」さんが担当されています。

前健さんは、高校卒業後に渡米して、マンハッタンに4年間在住していたので、英会話がうまい上、ブロードウェイダンスセンターで4年近く、ダンスの勉強と、歌の個人レッスンを受けられていたそうです。うまいわけだ・・・

ちなみに、我が家ではちゃんと、このエンディングムービーまで毎回観ています。実は私が観たいから・・・何回観ても、飽きませんよ。

スポンサーリンク

 - イベント・記念日の記録 , , , , , , ,

PAGE TOP ↑