我が家の幼稚園3年制の年中の息子が5歳になりました。自分が5歳の時はどうだったか想い返してみると、昔の幼稚園は2年制がほとんどでしたから、私の時でいうと当時は幼稚園の年少に当たり、坊ちゃん刈りの髪型で、やっと立っておしっこが出来るようになり、字はイマイチ書けなくて、お昼のお弁当は2本の箸をうまく使えず、グーで2本とも握って食べており、親の送り迎えか近所の同級生と一緒に通園して、遠足は象のウメ子やライオンも居た小田原城址公園、運動会は小さな園庭・・・といった感じでしたでしょうか。

現代の息子の場合は、スポーツ刈りか坊主頭で(散髪担当は義父)、洋式便座に慣れ過ぎたせいで、イマイチ立っておしっこをするのが苦手で、字は平仮名で読める程度に自分の名前+αくらい書けて、お昼の給食は年少の頃はスプーンとフォークでしたが、最近では箸をうまく使えるようになり、通園バスで家の近くから乗り降りして、遠足は象のウメ子やライオンも居なくなった小田原城址公園、運動会は小学校の校庭を借りて行う・・・といった感じになっています。

で、今年も5歳の息子の誕生日は「プレゼント」と「家族で外食」にしました。

「プレゼント」は、本人が今一番欲しがっている「ウルトラ怪獣シリーズ」の人形です。昔、私が6歳位の時に「ウルトラQ」が始まり、次に「ウルトラマン」が登場して怪獣人形が一気に広がりました。当時は「ソフビ」「ソフビ人形」(ソフトビニール製人形の略)で呼んでいましたね。

で、5歳の息子が買ってもらったのは初代「ウルトラマン」と「エレキング」です。「えっ、エレキングはセブンじゃぁないの?」と思われたあなたは凄い!偉い!

昔のソフビよりもコンパクトな現在の「ウルトラマン」と「エレキング」の人形

昔のソフビ30cm位よりもコンパクトな現在20cm位の「ウルトラマン」と「エレキング」のソフビ人形

そうです実は「エレキング」は「ウルトラセブン」に登場した怪獣なんですね。それなのに何で?かというと、現在毎週水曜日17時30分からテレビ東京系で「ウルトラマン列伝」という、これまでのウルトラマンシリーズから名作・傑作エピソードや、人気怪獣・宇宙人の登場エピソードを再編集した番組を放送しており、それを息子が見ているからなのです。

この番組がまた、私からすると何でもありの設定に見えてしまうのですが、例えば「エレキング」も2代目とか平気で登場しており、「や」の付く自由業の方々の世界のように、結構沢山の2代目や3代目の怪獣や宇宙人が、次から次へと恥ずかしげもなく登場してきます。

この2代目とか3代目というのが人気の怪獣や宇宙人で、人気があるからこそ再登場・再々登場する訳で、世代を超えて愛されるその風貌や名前は、現代でも受け入れられている点に、当時の製作者達のレベルの高さを感じずにはいられません。

で、我が家のお誕生日のお祝いの外食といえば「無添くら寿司」です。よく「くら寿司」派か「スシロー」派かなんて言われますが、子ども連れには全品基本サビ抜きで、空き皿でルーレットゲームが楽しめる「くら寿司」、ネタの良さと充実したメニューで、回転すしなのに本格志向で大人向けの「スシロー」なのではないでしょうか。

くら寿司のルーレットゲーム景品なんだけど、もう少し当たる確率を上げて欲しいなぁ・・・

くら寿司のルーレットゲーム景品なんだけど、もう少し当たる確率を上げて欲しいなぁ・・・

息子のリクエストで、義父と義母も一緒に「無添くら寿司」に行き、大人4人、子ども2人で51皿+生ビール2杯で、5皿に1回のルーレットゲームを10回出来ました。結果は2回当たり、出て来た景品がこれです。一応、消しゴムになっているようですが、もし当たらなかった方は、会計する横に1回100円のガチャガチャで、お金を出して景品を手に入れる、とても合理的なうまい商売方法をとられていました。

ここでお願いを!くれぐれも、回転寿司に子供連れで行った時には、絶対に奥側(流れている皿がすぐに取れる席)には子供を座らせないようにして、カワイイお子さんが余計な皿を取ったり、取った皿を戻すガキに、変身しないようにしましょう。大変迷惑ですので。

さて、昔も今も、お腹が一杯になっても甘いものは別腹なようです。家に帰ってからは「シャトレーゼ」で買っておいた、お誕生日のケーキでもう一度お祝いです。ケーキの周りになぜか、カラフルな「マカロン」が張り付いているケーキで、これが子供たちの人気の原因でしょうか。とてもおいしくいただきました。

お誕生日ケーキのロウソクを「ふぅー」至福の瞬間ですね。

お誕生日ケーキのロウソクを「ふぅー」至福の瞬間ですね。

そんなこんなで、息子の5歳のお誕生日祝いも、無事に終わりました。お疲れ様でした、自分。

ところで、息子の昨年末のクリスマスプレゼントは「ウルトラセブン」と「バルタン星人」の人形だったハズだけど、最近見かけないなぁ・・・と、急に想い出し、妙に不安に駆られたお父さんでした。

スポンサーリンク