例の京都・亀岡事故については、近所の人たちによると、現場の府道の制限速度は40キロで、通学路になる午前7~9時は一方通行になる。近くの主婦(46)は「近くの国道バイパスが有料になったため、(現場の道路を)抜け道にするドライバーも増えた。逆走する車もある。いつかこういう事故が起きるのではと思っていた」と声を詰まらせた。とのことだそうで、「ガードレールが・・・」とか「分離帯が・・・」とか、そんな議論ばっかりしてるから、いつまでもなくならないんだ!と思うのは、私だけでしょうか。

この道路を「40キロ道路にした根拠は、決めた野郎の責任は?」「この道路を一方通行に決めた野郎の責任は?」たぶん、誰も責任を取らないでしょうね。「民意として大きな声にならないと動けない」by役人、「今後も事故防止に取り組んでまいります」by警察・・・通学路(スクールゾーン)内に住んでいる、すぐそこに住んでいる住民が事故を起こしている訳ではなく、通り抜け、通り道、抜け道として、子供が居ようが、何が居ようが、光速で走り抜ける野郎どもが問題で、現に、事故を起こしている車は、作業車か軽自動車か軽トラックがほとんどです。

時間で区切り通行止めにするか、警官の人数を増やしてパトロールを強化して、無免許野郎を取り締まれば、とりあえずの対策となるのに、止める手立てがない、やろうとしないのは、この国の成り立ちがおかしいからでしょうね。そんなことをしたら、「車の販売台数が減る」「車が走りにくい」「車の便利な利点が生きない」「車に乗る人が減る」車の、車の、車の・・・まるで、「原発がなくなったら日本は集団自殺だ」「せっかく原発があるのに」「原発で生活をしている人が困る」「基地で生活をしている人が困る」原発ありき、基地ありき、原発大事、基地大事・・・そんな、議論に良く似ている気がします。

【 重体の妊婦と小2女児死亡確認…集団登校に暴走車 】

【 <亀岡暴走>死亡女性葬儀、傍らに胎児の名も 】

次から次へと起きる悲惨な事故が後を絶たない状況で、調べれば調べるほど、モチベーションが下がって記事が更新出来ませんでしたが、やっと書き出したら、また!!!書いている最中にこれです。

【 事故:千葉で児童の列に車、小1男子死亡 20歳男を逮捕 】

mainichi.jp/graph/2012/04/27/20120427k0000e040164000c/001.html

4月27日金曜日、午前7時35分ごろ、千葉県館山市大賀の県道沿いの路線バス停留所で、バスを待っていた同市立館山小の児童4人の列と見送りの保護者2人に軽乗用車が突っ込んだ。列の最前列で待っていた近くの小学1年(6)が車の下に巻き込まれ、近所の人たちが協力して救出したが死亡した。死亡した児童の母親もけがをした。ほかの児童らにけがはなかった。県警館山署は車を運転していたアルバイト野郎(20)を、自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕。容疑者野郎は「仕事のことを考えぼーっとしていた」と話しているといい、同署はさらに詳しい事情を聴いている。現場はJR館山駅から南西へ約4キロ、同小から西約2.5キロの場所で、海岸線を走る道路沿いに民家が並ぶ地域。小学生がはねられた事故現場は、バス停標識が15メートルほども引きずられ、衝撃の激しさを物語っていた

さらに!!!記事を書いていた最中にこれです。

【 事故:愛知でも集団登校児童に車、2人重傷 男を逮捕 】

http://matome.naver.jp/odai/2133549001241313101/2133549213341618803

4月27日金曜日、午前7時15分ごろ、愛知県岡崎市鉢地町開山の県道で、4人で集団登校中に横断歩道を渡っていた市内の小学5年生の男児(10)と小学3年生の女児(8)が、同市の会社員の男(24)の軽自動車にはねられた。2人は鼻や足の骨を折り重傷とみられるが、意識はあるという。他の児童2人にけがはなかった。県警岡崎署は男を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕した。「ぼんやりしていて気づかなかった」と話しているという。現場は片側1車線の直線道路。男は通勤途中だったという。

もう、書いてて嫌になります。

こんな事故を起こしても、数年で娑婆に戻るんですから、これがこの国の実状であり、自分で自分の身を守らなければ、誰も何もしてくれない、映画「マッドマックス」の世界そのものです。

車の性能、車が走りやすい道路、車の乗り心地、誰でも出来る楽な運転操作・・・車のことばかり、運転が楽になることばかり追求する姿は、箱モノ行政と同じです。作り手の自動車メーカー側も、殺人兵機を作り続けているのに、やっぱり何もアクションを起こしませんね。

昔、零式艦上戦闘機(ゼロ戦)という戦闘機が日本にありました。真珠湾攻撃(パールハーバー)を皮切りに、長大な航続距離、重武装、優れた格闘性能により、連合国の戦闘機に対し圧倒的な勝利を収めたので、連合国パイロットから「ゼロファイター」の名で恐れられました。しかし、後継機の開発の遅れの中、前線で運用され続けた結果、大戦中期以降には優位は失われ、日本側の熟練搭乗員の損失や物資の不足などの面からも、ゼロ戦の戦闘力は劣勢に追い込まれ、大戦末期には、後の「戦艦 大和」同様、特別攻撃隊の特別攻撃機(俗にいう”神風特攻”)として使用されるまで、名実ともに落ちました。

そもそも、戦闘機の性能を最大限まで引き出すために、機体の安全性を軽視もしくは、末期には無視した設計(木や紙を多用した燃えやすく、脆い機体)・搭乗員の習熟に時間がかかる、職人的な技術力を要する操縦性・そして、パイロットの命を消耗品とする運用方法。結局は、この「ゼロ戦」の逆を、「自動車」でやっているのが、今の日本のような気がしてなりません。

【 HGUC ギャン 】

そんな中、ガンプラを思い出したように組み立てたりしてます。

ガンプラ挽歌何気ない日々5

少し前までは、「ガンダムAGEノーマル」を作ろうとしていたのですが、仮組みをした段階で「ん~・・・」と思ってしまい、ギャンをチマチマと、自分が気に入ったポーズとなるように、改造しながら製作しています。

ガンプラ挽歌何気ない日々6

【 自動車検査登録制度 】

一般には車検と呼ばれるモノです。我が家の車も車検をしました。

ご覧の通り、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険料)は強制的に徴収されます。任意で自動車保険に加入している人がほどんどなのに、保障も対人で無制限ではないのに、強制的に掛け捨ての保険料を取られます。

ガンプラ挽歌何気ない日々7

この金はどこにいってるのでしょうか・・・。自動車重量税も徴収されます。

よくもまあ、いろいろな名前の税金を考えること。法定費用だけで、56,050円も取られます。さらに、今回はタイヤ4本の溝がなく、交換するハメに・・・

ガンプラ挽歌何気ない日々8

我が家の車は、初年度登録が平成13年1月で、製造されてから11年経過しています。当たり前ですが、次回の車検時には、13年を越えるので、毎年5月になると否応無しに、有無を言わせずに送りつけられる「たとえ駐車場に置いたまま走行していない状態であっても、納税義務を逃れる事が出来ないロックオン状態の”自動車税”」が、その時には10%上がります。

ガンプラ挽歌何気ない日々9

「早く、エコカーという名の、値段が高くて、高性能を謳う、新型を買え」という、税金額を上げた無言の圧力でしょうか。

車で想い出したのが、まだ作っていないカーモデル。

ガンプラ挽歌何気ない日々10

そういえば、昔、憧れだった「ケンメリGT-R]を買えないならば、せめて作って気分を癒そうと・・・

【 癒される娘のギャラリー 】

嫌なことばかりのときは、息抜きに癒されるモノを。

みなさん、それぞれ「癒されるモノ」とか「癒される時」とか、いろいろだと思いますが、今の我が家の場合は、こういうモノでしょうか。

娘が幼稚園を卒園前に、クラスでテーマを決めて作ったモノです。今回のお題は「山形県」。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]ガンプラ挽歌何気ない日々12[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]ガンプラ挽歌何気ない日々11[/wc_column][/wc_row]

(左)は「凧を作るキット」に山形名物の「サクランボ」「コンニャク」(串団子じゃぁないそうです)が添えられています。う~ん、山はいいんだけど形が、左側に自分の名前を書いたせいで、鳥居マークが真中に来てしまいました。

(右)やはり、山形と言えば「こけし」。高さが30センチくらいある、かなり大きなこけしです。もちろん、電動で動きません。

ガンプラ挽歌何気ない日々13

山形といえば「花笠」、昭和38年(1963年)から始まった「山形花笠まつり」が有名です。

「花笠」も作ったので、「こけし」に被せてみました。ちょっと高貴な奥様みたいです。ちなみに、なぜに山形?答えは、先生の出身が「山形県」だから。お疲れ様でした。

【 音楽も癒される 】

先にご紹介したNHKドラマで、あっこちゃんを演じた「川島海荷」の所属するグループ。他に、「佐武宇綺」「村田寛奈」「吉井香奈恵」「西脇彩華 」の5人組ユニット9nine(ナイン)。ミーハーな私的には、かなり癒されます。ちなみに、元々は9人いてナインでしたが、メンバーの交代や引退で、現在5人だそうです。

9nine official fanclub ナインオフィシャルファンクラブ

9nine OFFICIAL WEBSITE 9nineのオフィシャルウェブサイト

【 9nine 『少女トラベラー』 】

【 編集後記 】

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

天気と同じで、はっきりしないジメジメな今日この頃ですが、感謝の気持ちを忘れずに、悪いことばかりの中にも、良いこともタマーにあるので、しっかりと生きていきたいと思います。

スポンサーリンク