最近では、暖房のない部屋でガンプラを作ることが、非常に辛い季節となっておりますので、結果として、居間でチマチマとガンプラ製作をしているのですが、先日、箱に入れて、居間の隅に置いたまま仕事に行ってしまったら、案の定!家に帰ると、ガンプラが箱から出されて、変な組み合わせで組まれており、パーツもいくつか無くなっていました。

「おとうさんが、シゴトにいっちゃってたから、くみたてておいたんだよぉ」(3歳の息子談)息子よありがとう。お前のお陰で、お父さんは、また一つ勉強出来たよ。

居間にガンプラを、置きっ放しにしておいてはダメなんだと・・・いくら箱に入れておいたとしても・・・お前に対しては、宇宙空間でガンダムに対するリックドムよりも無力だと・・・宇宙くらい絶対に手の届かない、背の高い家具の上に避難させておく事を、強く強く心に誓ったのでした。

それにしても、完成したガンプラじゃなくて、ホント良かったぁ・・・皆様もお気を付け下さい。

PS,そう言えば、昨日も、娘が自分のおもちゃを勝手に使われたと、息子と姉弟喧嘩になったので、「大事なモノは、弟の手の届かない所にしまっておきなさい!」と、言ったばかりでした。

子育ては、大人にとっても毎日勉強勉強の日々です。こうして大人も、ホントの大人になっていくのでしょうね・・・「俺たちの旅」エンディングが懐かしい今日この頃です。

じいちゃんのガンプラギャラリーⅠ

最近、義父が、「覚醒したニュータイプ」並みの凄いスピードで、孫(ウチの子供たち)のために、我が家にあるガンプラ(=私のガンプラですけどぉ・・・)を、ボケ防止のために、組み立てていますので、完成した作品を、ご紹介をしたいと思います。

1/100 MG(マスターグレード)MSN-00100 HYAKUSHIKI(百式)

百式は、「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」に登場したエゥーゴの試作機で、クワトロ・バジーナ大尉(=シャア・アズナブル)専用機の中で、唯一のガンダムタイプのMSでもあり、「ジオング」と共に、「赤くない機体」でもあります。

今から10年以上前に購入して、当時、塗装を塗り直そうと考え、漂白剤で、金色の表面コーティングを落としたのですが、落ちきれずに、そのままになっていたモノです。

P1060642.jpg

じいちゃん曰く、「なんで塗装がされているのに、わざわざ、お父さんは落としちゃうんだろうね。ダメだねぇ。色は、お父さんに塗ってもらいなさい」と、組み立ててくれたのですが、少々、ご立腹気味に、言い残して、夕闇に消えて行ったそうです。

P1060643.jpg

後でわかったのですが、少し改造をしようと、昔、私がパーツをいくつか組んでおいた上に、塗装が落とされていていたので、余計に、じいちゃんのモチベーションが落ちてしまったようです。

まあ、ガンプラの旧キットですら、パーツは全て1色で、モナカキットなのですから、それと比べると、肉厚があって、完成度が高く、色も塗装済みのキットの、塗装を落としてしまう行為は、理解出来なくて当然でしょうね。ゴメンナサイ・・・

でもね、完成度が高かろうが、自分色に染めて、自分仕様で、作りたくなっちゃうんですよねぇ・・・

1/100 旧キット MSー09 DOM (ドム)

「黒い三連星」として恐れられた、「ガイア」「オルテガ」「マッシュ」が駆る、ジオン公国軍の陸戦用量産型モビルスーツ で、「ジェット・ストリーム・アタック」という戦術で、「ガンダム」と死闘をくりひろげました。また、連邦軍兵士からは、その姿から、「スカート付き」のコードネームで呼ばれました。

しかし、そんな「ドム」も、子供たちには敵じゃありません。じいちゃんが、せっかく作ったガンプラなのに、一撃で撃破です。

1P1060791.jpg

ショックを受けたじいちゃんは、「お父さんに、直してもらいなさい」と、少々、疲れ気味に言い残して、夕闇に消えて行ったそうです。

1/72 旧日本海軍戦闘機 零式艦上戦闘(ゼロ戦)

「キャノピー」(操縦席の風よけの覆い)以外は、私が少し前に作ったモノで、じいちゃんが完成してくれました。

「ゼロ・ファイター」として、連合軍を苦しめ、脅威として恐れられた戦闘機でも、子供たちには敵いません。

車軸を折られ、予備の燃料タンクを壊され、まるで、昔、「あのねのね」が歌った「赤とんぼの唄」のように、「赤とんぼ 赤とんぼの 羽根を取ったら アブラムシ、アブラムシ アブラムシの 足を取ったら 柿の種・・・」状態です。

2P1060789.jpg

ショックを受けたじいちゃんは、仕方なく補修し、「水上戦闘機」に改修して、肩を落としながら、夕闇に消えて行ったそうです。

ちなみに、せっかく仕上げて持ってきてくれた、「ゼロ・ファイター」は、「コンスコン隊」の12機の「リック・ドム」が、3分もたずに壊滅したのと、よく似ていました。

1/100 XM-01 DEN’AN ZON(デナン・ゾン)

「機動戦士ガンダムF91」「クロスボーン・バンガード(CV)」「機動戦士クロスボーンガンダム」「宇宙海賊クロスボーン・バンガード」などに登場するモビルスーツで、他に、「指揮官機ベルガシリーズ」「一般戦闘用デナン・ゲー」「偵察用エビル・S」などの用途別の機体があります。

⑤P1060796

このシリーズの最大の特徴は、技術が進んで、モビルスーツが小型化した点で、通常18メートルのMSが、14メートルのMSとなっており、この1/100の「デナン・ゾン」も、1/144の「ガンプラ」と、ほぼ同じ大きさです。じいちゃんも、1/144と同じ大きさのガンプラを組み立てるのに、「パーツが小さくて、大変だったんだよぉ」と言ってたそうです。

今回は、満足して、意気揚々と、夕闇に消えて行ったそうです。義父さん、ありがとうございました。まだ、原型を留めていますよ。

3P1060794.jpg

でも・・・ちょっと待ってください・・・義父さん・・・何か、なんとなく違和感があるんですけどぉ・・・ん~・・・何だろう・・・みなさんは、すぐに気づかれましたか?

すぐに気づいた方は、MGモデラーズ・ギャラリーの投稿数でも、かなり少ない、コアな「機動戦士ガンダムF91」なのに、判ってしまう、鋭い眼力の持ち主ですね。

「合わせ目処理が出来ていない」「パーツに隙間がある」「ゲート処理が甘い」とかではないです。私はかなり時間がかかりました。

4P1060798.jpg

正解は、前後の写真を見て下さい。フレア(スカート、またはフロント・アーマー)の前と後ろが逆・・・っていうか、腰全部の前後が、逆になっています。

人によっては、大した事ではないのかも知れませんが、私のように「機動戦士ガンダムF91」が好きな方にとっては、額にバンソコマークでしょうね。

でも、これを直したら、じいちゃんのモチベーションが、下がっちゃうかなぁ・・・ん~、治したいけど・・・ガマン我慢・・・

最後に、扉に張られた娘の力作

最近、気がついたら、居間の扉に貼られていました。「●●屋さんごっこ」で使ったモノを、張ったようです。

「わさびも出来るお寿司(なんでも)ぐちゃあー?(!)」、ついでに、不二家のロールケーキに貼られていたシール「さらにおいしくなりました!」も剥がして、自分の作品に貼ってあります。

娘に内容を聞くと、少し前に「くら寿司」に行った時に、「くら寿司」のネタには、全部、「ワサビ」が入っていない、「サビ抜き」だったので、自分の店では、「ワサビも出来る!」と言う事だそうで、まあ、「わさびもできる」が、それほど凄いことだとは、あまり思えないんだけどなぁ・・・

そして、「ぐちゃあー」は何・・・と聞くと、「ぐちゃあーはぐちゃあー」だと、意味不明な回答です。更に、どんな時に使うのか聞くと、「うまい時、おいしい時」に使うそうです。そうです・・・

答えは「good job」。それって、「グッ・ジョブじゃぁないの?」の問いに、「幼稚園で英語の先生も言ってたし、(NHKのEテレの)えいごであそぼ、でも言ってた」の答えでした。ネイティブな英語では、娘の耳にはこう聞こえるようです。

それにしても、幼稚園で週1回の英語の授業の先生が、金髪の女性の先生だそうで・・・時代は変わったなぁ・・・お父さんの負けです。

P1060821.jpg

ちなみに、一番下の「キノコ」みたいな絵は、左が「貝のむき身」で、右は「貝が開いたところ」だそうです。ん~奥が深すぎて、お父さんには、なかなか理解ができないなぁ・・・

<編集後記>

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました。

義父のガンプラは、他にも数体あり、今、現在も、「1/100 MG MS-06R ザク」と「姫路城」を持ち帰って、ボケ防止に組み立て中だそうです。今に、家中が「じいちゃんのガンプラ」だらけになりそうです。またの機会に、ご紹介したいと思います。

PS、インフルエンザが流行しはじめたようで、平塚市では小学校3学年が、数日間学年閉鎖と新聞に書いてありました。通勤電車の中でも、くしゃみや咳をしている人が多いです。皆様、体調管理には十分に、お気を付け下さい。

クリスマスといえば、この曲!

ちまたではクリスマス一色ですね。原発事故の教訓はどこへ行ってしまったのでしょうか・・・気分を変えて、私は、クリスマス・ソングといえば、3曲あれば十分。1曲目は、なんかワクワク感を想い出させてくれる曲・・・

Mariah Carey “All I want for Christmas is you”

もう、1994年だから、17年も経ってしまったのかぁ・・・「29才のクリスマス」の、山口智子も懐かしい、今日この頃です。

温かいご声援!ありがとうございます 。