夏のロンドンオリンピックが終わりました。

テレビのチャンネルをかえると、何処を観てもオリンピック一色で、消費税をはじめとする、ドサクサ紛れの法案採決の様子などは、ほとんど放送されていませんでした。姑息というか、悪どいというか、汚いというか・・・政治家と官僚と経団連をはじめとする財界が、火事場泥棒も顔負けの所業を、平然と行えていまうのが、今の日本の姿ですね。差し詰め 「原子力ムラ」も小さく見えてしまう「日本国ムラ」といった所でしょうか・・・

そんなどうしようもない日本の中で、息子がオリンピック中継を見るたびに、「今やってるのは、ドンドンオリンピックだよね!」と言ったかと思えば、「なれしこジャパン願張れー!」と叫んでいるのが、今の我が家の姿でした。

wikipedia を使って、昔懐かしい蝉(セミ)の勉強

近年、セミの鳴き出す順番がおかしい・・・と感じます。いきなり各種一斉に出てきて鳴き出しているように感じます。昔は、アブラゼミが最もポピュラーなセミでしたが、南関東や北陸ではクマゼミが北上して増加 しており、茅ヶ崎では特に急増しています。

クマゼミは元々、九州などの温暖な地域に多いセミで、本州では珍しいセミでした。しかし、2002年に茅ヶ崎中央公園を中心に、市内の様々な所で大発生が確認され、2008年には過去最多のクマゼミの抜け殻が採取され、さらに昨年2011年には、2008年の記録が大幅に更新される状態となりました。湘南地域だけでなく、近隣地域でも急速にクマゼミの増加がみられており、太平洋側におけるクマゼミの最前線は、現在、横浜の関内駅周辺ということになっています。

wikipedia.クマゼミ       wikipedia.ニイニイゼミ

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]ガンプラ挽歌クマゼミ[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]ガンプラ挽歌ニイニイゼミ[/wc_column][/wc_row]

私が、毛糸のヒモを通したラジオ体操の出欠表を首からかけて、皆勤賞の文房具欲しさに、毎朝、近所の神社に休み無く通っていた頃・・・そう、今から40年以上前の私の子供の頃は、7月の中旬にカミナリを伴なった嵐が来て、梅雨明けを告げ終わると、台風一過のように一気に夏空が現れて、7月20日頃にまず「ニイニイゼミ」が鳴き始めました。

この「ニイニイゼミ」は、体長2~3cmと小さく、鳴き声もそれほど大きくないうえに、体の色が地味な迷彩色仕様なので、結構、捕るのが大変でしたが、まだまだこの後に他の種類のセミが出てくるので、この時点ではテンションはまだ低めでした。

wikipedia.アブラゼミ     wikipedia.ミンミンゼミ

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]ガンプラ挽歌ツクツクホウシ[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]ガンプラ挽歌アブラゼミ[/wc_column][/wc_row]

7月下旬になると、大量の「アブラゼミ」が発生します。どこを見ても「アブラゼミ」・・・家の網戸、軒先、つかまれる所さえあれば、どこにでもいました。ですから、この「アブラゼミ」を捕まえて、セミ捕りの腕前を上げる努力をみんなしていました。小さな虫かごにごっそり入った大漁の「アブラゼミ」を、夕陽に向かって一気に逃がすと壮観でした。宿題もそっちのけで・・・

そしていよいよ8月上旬には、本命の「ミンミンゼミ」の登場です。なんと言っても、鳴き声も体も大きくて、それでいて羽根が透明で、体にグリーンのメッシュが入った姿の人気度は、「カブトムシ」のオスにも匹敵します。ちなみに、「アブラゼミ」は「カナブン」でしょうか。

wikipedia.ツクツクホウシ        wikipedia.ヒグラシ

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]ガンプラ挽歌ミンミンゼミ[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]ガンプラ挽歌ヒグラシ[/wc_column][/wc_row]

8月中旬のお盆の頃になると「ツクツクホウシ」(ツクツクボウシ)が出てきます。「ライネスコーヒーキャンディー」のように体が細長くて、「ミンミンゼミ」のように見栄えのする姿で、西川のりお師匠のように鳴きます。

鳴いている最中に、stealthy footstepsで近づくと、気がついた時点から急に鳴くスピードが早回しになり、一応区切りまで鳴き終わってから逃げるという、大変行儀のよい男らしいセミです。他の昆虫でいえば「タマムシ」でしょうか。

そして、8月半ばを過ぎて、宿題がいよいよヤバくなった頃に鳴くのが「ヒグラシ」です。このセミは、そのへんでは鳴かず、樹木が深い所で鳴くので、余計に鳴き声が樹木の中で「カナカナカナカナカナ・・・」と響き渡り、「あぁ・・・夏ももう終わりだなぁ・・・あーあっ、宿題どうしようかぁ・・・」とイロイロと気づかせてくれる、とても有り難いセミです。

セミ捕りにGO!

息子が「セミ捕り、セミ捕り!」とうるさいので、昔とった杵柄を見せようと、40年位ぶりに近所の神社へ出掛けてみました。神社に到着すると、興奮した息子が大声で「セミがいたよぉー!」と叫んで走りまわるため、樹木の低い所にいたセミはみんな逃げてしまう始末・・・

そんな神社の地面に目をやると、かなりの数の穴が空いていました。これはセミの幼虫が6~7年経って地中から出てきた後の穴です。ただし、総ての穴が空っぽという訳ではなく、中には幼虫が外の様子を見ただけで、また戻って中にまだいる場合があります。子供の頃、そんな時は荒っぽい方法ですが、この穴に水を入れてセミの幼虫が苦しくなって、出てきた所を捕まえて幼虫の観察をしました。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]ガンプラ挽歌夏1[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]ガンプラ挽歌夏2[/wc_column][/wc_row]

何とか願張って、セミ捕りは30分ほどで10匹くらい。ミンミンゼミも2匹ゲット出来ました。また、茅ヶ崎中央公園一帯でないと、クマゼミはいないようで、神社はアブラゼミばかりでした。

ある程度神社をひと回りすると、セミたちもチャンと学習能力があるようで、虫捕り網が届かない樹の上のほうに避難して鳴いています。にもかかわらず、うちの息子は「あっ、あそこにいるよぉ!捕って捕ってぇ~!」と樹の上のほうを指さして、無理難題を突き付けます。仕方なく、網の高さが届かないから捕れないことをやってみせて説得し、「ほらね、捕れないから帰ろうね」と、帰路につくまで10分以上かかりました。セミ捕りより、お前の世話のほうが大変だよぉ・・・

ちなみに、こういう時は履いている靴やサンダルを、高い所に居るセミに目がけて投げ上げて、樹に停まっているセミを追い払い、次に少しでも樹の低い場所に停まることに期待する、ギャンブル的な方法を子供時代はやっていましたね。そういえば、小石を沢山投げつけた馬鹿たれのせいで、小石が雨のように降ってきたこともありましたっけ・・・

ガンプラ挽歌夏3

捕獲したセミを持ち帰ると、おいしいお土産に飛びつくかのように、家で待機していた娘が強引にセミを奪い取って触りまくり、負けじと息子も触りまくっていました。

そんなに触っていたらセミが弱っちゃうし、家の中でセミが逃げて飛び回ったら、お父さんが(妻に)怒られちゃうよぉ・・・妻から可哀想だから早く逃がすように指示が出たので、バイバイ~と逃がしてあげました。メデタシメデタシ。

編集後記

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました。

なんか、気力・体力が不調でブログ更新も休んでしまいましたが、気持ちを入れ替えてボチボチとまた始めました。ホント、こんな事ばかりじゃあねぇ→→→

未だに収束しない福島原発では、福島第一原子力発電所4号機のタービン建屋1階から、高濃度汚染水4.2トンが漏れているのが発見され、1立法cmあたり7万7000ベクレルの放射性セシウムが検出されたと報道されました。事故前では、環境に放出が許される基準は1立法cmあたり0.09ベクレルや0.06ベクレルと言われていたそうですが、殆んど報道されない所をみると、いまやこの程度の汚染は慣れてしまった証拠でしょうか。

「やっぱり漏れた」+「垂れ流した」=「漏れた事にしておこう」ではないか?だって、4.2トンも高濃度汚染水が漏れてから気付くって・・・考え過ぎでしょうか。こうやって「漏れた」を繰り返せば「廃棄処理」をしなくて済むので、コスト削減の一環となってしまいますね。最後に、漏れた場所が、原子炉建屋やタービン建屋ということは、その場所には猛烈な放射能汚染水が満ち溢れているんでしょうね。

スポンサーリンク