こんばんは、親バカお父さんです。最近、自虐ネタの芸人さんが多いですが、流行りでしょうか・・・関東地方では、梅雨入りをしたらしい情報が、チラホラと聞こえてくるようになりました。我が家のアジサイも咲き始めた所を見ると、そろそろ本格的な梅雨入りでしょうか。

ガンプラ挽歌運動会1

さて、先日、6月2日土曜日は、茅ヶ崎市内の各地域の小学校で、運動会が行われました。お天気には、最後までヤキモキさせられましたが、雨にも祟られず、無事に開催されました。雲は多いながらも、逆に、直射日光がなかったので、これならイイやと言える範囲でした。

ガンプラ挽歌運動会2

40年くらい前と比べると、世のおとうさんが家族と過ごす時間は、現代では増えているそうで、これも少子高齢化の影響でしょうか。

当日はグランドの場所取りで、朝6時30分頃に小学校前に行ってみると、すでに150人は居たでしょうか。先頭は何時から並んでいたのかは分かりませんが、とりあえず、私も家族のために並びました。7時に開門しましたが、その後、順番に5列縦隊に並び直して、グランド入口へ前進。小学校側から注意点の説明があり、7時30分から、10人ずつ区切りながら、場所取りをしていただきますとの事。

過去に走って転んだり、怪我をしたり、その他イロイロとあったそうで、この方法になったそうです。大きなイベントや安売りに殺到した客をさばくのと、まったく同じ状態でした。

ガンプラ挽歌運動会3

中には車で来て、近所のスーパーに停めて歩いて来る親も居るそうで、この点については、随分とうるさく連絡プリントに書かれていました。先生方も、子供だけでなく、そういう親にも教育的指導をしなければならず、お疲れ様でございます。子供が歩いて登校しているのですから、それに、大きな引っ越し荷物があるわけじゃないんですから、歩いて小学校に行きたいものです。

私の子供時代の親たちは、場所取りに、こんなに一所懸命にはなっておらず、せいぜい、自分の子供が出る競技に合わせて学校に行き、お昼を一緒に食べたら、ある程度の時間で帰っていました。親の言い分としては、「忙しいから、そんなに子供の事に係わっていられない。」なんて言っていましたね。昔は、子供も多かったせいか、結構、淡白な親が多かったようです。

ガンプラ挽歌運動会4

私の場合、小学校を卒業して、伊達にすごく時間が経ってしまっているので、今回の娘の運動会は新鮮な感じがしました。当時の運動会がどうだったか、イマイチ臨場感たっぷりに、覚えている記憶がないので、お昼休みに中庭に行って、探検してみました。

ガンプラ挽歌運動会5

実は、娘が行っている小学校は、私が卒業した小学校であり、親子二代でお世話になっております。

校舎は、私が小学校高学年のときに、新築で建てられた校舎がそのままで、もう40年くらいは経っているでしょうか。当時、出来たての水飲み場で飲んだ水が、とてつもなく薬っぽく、不味いマズイと言いながらも、ジュースを飲むお金なんてないので、みんなで飲んでいたことを想い出し、畑のコイダメ(肥溜め、こえだめ)に片足を落として、泣きながら足を洗っていたY君に、遠巻きに「だいじょうぶ?」と、みんなで口だけで心配していたことを想い出しました。(だって、匂いが酷くて・・・)

そんな水飲み場も、今はヒビだらけで、なんとか機構とか、政府癒着の企業や議員や、馬鹿なジジイたちのためのビルばかり、高額で建てる割には、教育現場のコンクリートものは50年はもつからとでも言わんばかりに、ろくな耐震補強もせずに、ほったらかしにされているみたいで、腹立たしくなりました。

中庭でまず発見したのは「二宮尊徳の像」

ガンプラ挽歌運動会6

台座横には昭和12年と書かれていますので、化粧直しはしてあっても、私の小学校時代に、よじ登って銅像に肩車をしてもらったり、いったい何の本を読んでいるのか、やはり、よじ登って確認をしたり(当たり前ですが、本は無地)した時の像そのものでした。(あの時はゴメンナサイ・・・)当時は、二宮尊徳と二宮金次郎は名前が違っていたので、別人だと思い込んでいましたね。

ガンプラ挽歌運動会7

観察用のヒマワリやアサガオが一杯に並んでいました。

ガンプラ挽歌運動会8

娘のアサガオも元気に育っていました。家で種を植えたほうは、2週間くらい遅かったので、これぐらい大きさに差ができています。何色の花が咲くでしょうか、夏が楽しみです。

ガンプラ挽歌運動会9

その他にも想い返せば、渡り廊下のドアの窓ガラスを、拳でガンガン叩いていたら、本当に割れてしまって、両腕が大量出血で救急車で運ばれたI君のこと、当時は体育館ではなく講堂しかなく、全校生徒が集まると、もの凄く狭くて、床の木はササクレて、トゲが足に刺さったこと、当時は小学校にはプールが無く、水泳の時は、水着のまま歩いて中学校のプールまで行って、水泳の授業をしたこと、当時の運動会では、わたがしやたこ焼きなんかのテキ屋が数件でていたこと・・・結構、想い出すもので、しばしノスタルジーな気分の時間を、過ごすことが出来ました。

昔に浸るのも、たまにはイイものですね。ただし、「伊達に、歳をとってしまったなぁ・・・」と、ナーバスな気分にもなりますが・・・

我が家の夏野菜たち

(下)オクラは、子供たちが、ぎっしりと種を蒔いてしまったので、間引いたのですが、

ガンプラ挽歌運動会10

(下)もったいないので、間引いたのは、土に植えてみました。ここまで大きくなると、元気が良いのがあるかと思えば、枯れ気味になってしまうのもあり、大きくなるのも大変なものだと感じます。

ガンプラ挽歌運動会11

(下)パセリは、子供たちが袋入りの種を、一袋全部ぶちまけて蒔いてしまったので、もの凄い数の芽が出てきました。間引く以前の状態で、しばらく様子を見ることにします。

ガンプラ挽歌運動会12

(下)トウモロコシの苗を植えてみました。枯れ気味に見えて、本当に育つのか心配な感じですが、子供たちは、そんな心配もせず、毎日、水をやってます。その前向きな姿は、見習わないといけないですかね。

ガンプラ挽歌運動会13

(下)二代目のヒマワリです。暖かくなってきたので、種を蒔いてから、発芽するまでのスピードが、一代目よりも、3~4日早かったようです。

ガンプラ挽歌運動会14

(下)一代目にヒマワリです。もう少し大きくなったら、土に植えかえる予定です。夏の訪れを感じつつ、伊藤咲子のひまわり娘も想い出します。

ガンプラ挽歌運動会15

(下)我が家の西側のゴーヤたちです。4人全員がツルを巻きつけることが出来ました。

ガンプラ挽歌運動会16

今から、子供たちは「実が出来たら食べれるの?」と、興味深々です。24時間、食べる事ばっかり考えている、我が家の子供たちでした。

ガンプラ挽歌運動会17

(下)トマトは、小さな実を付けました。「食べれるの?」と、出来たての小さい実を、千切って取りそうになっている弟を、「私のトマトを取っちゃダメ!」と、叱りつけている姉でした。暇さえあれば、外に出て、「早く大きくなれ」「芽が出たようぅ」などと、一喜一憂している状態です。先日、息子などは、風呂上りに、フル●ンで外に出て叫んでおり、「コイツ大丈夫か?」と思わずにいられませんでした。

ガンプラ挽歌運動会18

(下)私の携帯電話に付いている、箱根細工のひょうたん型のストラップを見て、娘が、その独特な形のことと、植物としてのひょうたんのことを聞いてきたので、説明すると、「ひょうたんが欲しい、欲しい!」と叫ぶので、「じゃあ、育ててみる?」、「うん!」という流れになって、種を買ってきて蒔いてみました。157円で7粒でした。さて、どうなるか・・・

ガンプラ挽歌運動会19

招かれざる客

先日、じいちゃんが娘のために作ってくれた巣箱(娘が、とりさんおいで。ようこそ。と書いて鳥さん用に置いていたもの)に、余ったパンを置いておいたら、何やら別の生き物が登場して、娘は「鳥さんじゃぁなくて、リスさんが来た!」と、家の中から窓越しに発見して大騒ぎ。

ガンプラ挽歌運動会20

「ええっ?・・・リス?・・・」と、家族総出で、朝っぱらから、大騒ぎで観察していると、巣箱から体を伸ばし、出たり入ったりしながら、パンを突いています。妻が「本当にリスなの?」と聞くので、私は「リスなんか、ここらには居ないでしょ。残念ながら、綺麗なドブだね」と答えました。案の定、しばらく見ていると、ある程度パンを食べ終わり、巣箱から出てきて、逃げるように去っていく姿は、尻尾がリスのように大きくない、細長い一本の尻尾をした「ドブネズミ」でした。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]ガンプラ挽歌運動会21[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]ガンプラ挽歌運動会22[/wc_column][/wc_row]
 
ドブネズミが去ったあと、子供たちは大騒ぎで、今度は「ネズミが出た!」と叫んで、近所迷惑も考えずに、走り回っていたのは、言うまでもありません。チョッと、ドブネズミじゃぁ、餌付けする訳にもいきませんね。複雑な気持ちになった、お客さんでした。

編集後記

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました。

庭で野菜などを育てていると、一所懸命に生きている野菜たちに、子供達も刺激をされるようで、何も言わなくても、水を積極的にやったり(チョットやり過ぎな感じの時もあるが・・・)、野菜たちに話しかけたりしている姿に、忘れかけたピュアな心を想いおこしてくれたりします。

最後に、ドブネズミと言えば、やはりこの曲を聴きたくなりますね。

リンダリンダ / THE BLUE HEARTS / TV

カラオケに行って一度は、甲本ヒロト張りのパフォーマンスで、ブルハツの曲を歌ったことがある方は、結構おられるのではないでしょうか。ブルハツの曲は、メッセージ性の強い歌詞が多く、想っても言葉に出してあまり言わないことを、あえて歌詞に出して歌う姿に、元気づけられたことが多かった気がします。