コメントをいただきながら、返事が遅れており、大変申し訳ありません。

娘の卒園式は、無事に終わったのですが、昨日の夕方から、38度台の熱が出て、夜中から39度2分が続いています。

本人いわく「卒園式前日から緊張していて、終わったら疲れちゃったからかな」と言っており、吐いたりしていないし、朝も、いつもの半分くらいの朝食は食べたので、大事にはならないでしょう。

ガンプラ挽歌幼稚園作品3

卒園式の夕食は、ちらし寿司を作って、家でささやかながらお祝いをしました。

いろいろいただいて来ました。

卒園式当日の式の最中は、娘は少し泣きましたが、私は泣いている暇がありませんでした。

なぜかというと、式に参加出来なかった、じいちゃんばあちゃんのためにも、ビデオを撮らなければならず、良いアングルを取ろうと、場所取りをする姿は、プチ格闘技といったところでしょうか。

そんな緊張感の中では、おんおんと泣いている暇もなく、涙ぐむ程度でした。ただ、撮り帰ったビデオを、家族に内緒でこっそりと、ひとりで夜に見て、少女のように泣きました。

ガンプラ挽歌幼稚園作品1

最近の幼稚園では、こんなに立派な卒園証書ではなく、修了証書をいただくんですね。

ガンプラ挽歌幼稚園作品2

ちゃんと幼稚園を卒園したんだなぁと、改めて感動です。本人は、家に帰ってきてから、この修了証書を見ながら、ニヤニヤしていましたが、今では、絵本の山と一緒に、そのへんに置きっ放しです。

まぁ、子供はこんなもんでしょうね。自分にも思い当たる節がありますので。

あと、式の最後に、保護者と一緒の集合写真を撮ったのですが、「ピースはしない!」と先生から怒られていた2~3人の卒園児の内、1人はうちの娘でした。先生、スイマセンでした。

PS,写真を撮る時の掛け声は「コアラのマーチ」でした。年々、変わっていきますね。チョット前は、「オレンジ」だったのに・・・勉強になります。

年少さんからの贈り物

年少さんからは、紙コップの「ペン立て」をいただいてきました。

ガンプラ挽歌幼稚園作品4

ちゃんと、ペンを立てられるようになっています。ありがとうございました。

ガンプラ挽歌幼稚園作品5

さて、卒園式はお昼で終わったのですが、その後に「謝恩会」が16時過ぎまでありました。

園児1人につき、保護者1人なので、息子と私は一旦家に帰り、夕方に迎えに行きました。16時を過ぎても、まだまだ残っている人も結構いたそうで、特に先生との写真撮影が、順番待ちで大変だったそうです。

「謝恩会」は、差し詰め「結婚式の二次会」のようなもので、先生も園児も、保護者も、よく泣いて、よく笑って、過ごせたそうです。

ある先生からは「昨年の卒園生は、大震災の影響で謝恩会が出来なかったが、今年は出来て良かった」と感激もひとしおだったそうです。良かったよかった。と思ったら、一難去ってまた一難・・・

インフルエンザA型もいただいてきました

仕事から帰ってみると、妻から、今日、熱が下がらなかったので、病院に行って検査をしたところ、インフルA型だったそうで、余計なものまでいただいてきちゃったようです。

まぁ、卒園式当日に、発症しなかったからヨシとするか・・・ちゃんと予防接種もしていましたが、かかる時にはかかるものですね。良い勉強になりました。

編集後記

最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございました。

まったくもって当たり前の事が行われないのは、日本という国だけなのか、もしくは日本という国だからこそなのか、理解に苦しむ事ばかりの昨今です。

例えば最近では、殆どテレビを見なくなり、たまに見たり、録画をしてまで(我が家では未だに録画と言えばビデオテープですが)見るテレビ番組といえば、朝の連続テレビ小説「カーネーション」、竹内結子主演の「ストロベリーナイト」、向井理主演の「ハングリー」、フグ田サザエ主演の「サザエさん」、本木雅弘主演の「運命の人」、その他に、「はなカッパ」、「ピタゴラスイッチ(ミニ)」、「にほんごであそぼ」、「えいごであそぼ」、「おかあさんといっしょ」、「シンケンジャー」、「スマイルプリキュア!」、時々、「東日本原発大震災などのNHKスペシャル」、「おさるのジョージ」、「みいつけた」、「つくってあそぼ」などなど・・・

8割は子供番組ですね。大人が見る番組が、今のテレビ番組にはないと、自分自身では感じている、今日この頃です。