ガンプラ挽歌第33回器楽演奏会1先日、2月7日(火)は、あいにくのお天気ではありましたが、娘が参加する【第33回神奈川県幼稚園器楽演奏会】があったので、はるばると横浜に在る【神奈川県民ホール】まで行って来ました。

娘の出番は午後の第3部に参加でしたので、茅ヶ崎駅ビルのラスカで軽く昼食を済ませてから、JR東海道線に乗って横浜駅へ行き、次に、地下だからしょうがないとはいえ、入り口がとてもわかりずらかった、地下鉄みなとみらい線に乗り換えて、日本大通り駅で降りて、というより地下から地上に上がってから、山下公園方面に向かって、徒歩で数分で到着でしました。

今回で33回目を数える器楽演奏会なので、当然の事ながら、第1回大会に参加された園児は、現在38歳か39歳で、そのお子さんが今度は参加されるケースもあるそうで【継続は力なり】、今後もずっと続いて、自分の娘や息子の子供が参加する姿を、見てみたい気持ちもありますが30年後ですか・・・微妙だなぁ・・・

ここまで必要なのか・・・借金増やしてまで・・・

地下鉄は工事にお金がかかっているせいでしょうか?運賃に割高感がありますね。横浜駅から大人200円です。

日本大通り駅で降りて改札を通ると、連絡通路はちょっと洒落た横浜らしく、雰囲気のあるレンガ調の装飾があり、こういうのにもかかった費用が、運賃に含まれているんだろうと勝手に妥協する事にします。

ガンプラ挽歌第33回器楽演奏会2

変な公団の役員や虎視眈々と天下り先を狙う役人の懐に、運賃の一部が吸い込まれいるのかと思うと頭にくるので、自分の内で一旦はそういう事にして、次期衆議院議員選挙では、日本を良い方向へ変えて子供達の世代に、キチンとバトンを渡せる人に1票を投じたいと思います。

ひたすら我慢我慢・・・

小雨が降りとても寒い、あいにくの天気ではありましたが、何とか娘を幼稚園の先生に引渡し、後は入場開始となるまで、ひたすら行列に並ぶのみ。

ガンプラ挽歌第33回器楽演奏会3

客席は1部・2部・3部の総入れ替え制でしたので、前の2部が終わらないと、私たち3部は会場には入れません。

早く来たつもりではありましたが、上には上がいるもので、先頭集団は、いったい何時に来て並んでいるんだろう?と思うほど、かなり先のほうでした。

ガンプラ挽歌第33回器楽演奏会4

大体、1時間30分くらいは耐えて並んでいました。ディズニーランドやディズニーシーでの、嫌~な記憶が蘇えってしまったのは言うまでもありません。

たぶん、私たちだけではなく、並んでいるみなさんも同じ気持ちでしょうね。そんな煩悩の塊人間を嘲笑うかのように、天井近くの壁面には物凄く大きな棟方志功画伯の版画が、見下ろしていました。

ガンプラ挽歌第33回器楽演奏会5

そして疲れ果てだした頃に開場となり、黒い塊と化した親御さん達の一団は、一気に会場へとなだれ込んで行きます。

会場では席取り合戦の修羅場です。

ガンプラ挽歌第33回器楽演奏会6

文明の利器【携帯電話】を最大限に生かして、チームプレーで席に荷物を並べると、連絡を取り合いながら一番ベストな席位置に集約されていきます。

子供たちには敵わない

演奏会が始まりました。さしずめ客席の親達が、舞台上の我が子を必死で探す【逆日本野鳥の会やぁ~】彦麿呂状態です。

ガンプラ挽歌第33回器楽演奏会7

子供が無心に邪心もなく、とにかく自分の持てる力一杯にベストを尽くしている姿の前では、大人は無力だなあとつくづく感じました。

特に今回のような、楽器を使い音が出る発表の場合や体育発表会のように体を張って表現する場合は、子供が描いたり工作した物を、手にしたり見たりした時の感動とは、また違った種類のモノであり、ちょうど良い湯加減の湯船に浸かった時の、何とも言えない心地良さや、今の季節にぬくぬくとした布団から、なかなか出れない、出たくない心持ちに一番近いでしょうか。

とにかくやさしく包まれる快感です。

各園各年組ごとに演奏が終わると園児代表者に表彰状が、指揮の先生には花束が送られるのですが、全部が優秀賞です。

しかし、野生に近い園児達に、日々教育をして人間にしてくださる先生方に、最高の優秀賞を差し上げたいと思いました。

病気には勝てない

インフルエンザや風邪のために、お休みとなってしまった園児も結構居たようです。

娘も年中だった昨年の第32回神奈川県幼稚園器楽演奏会の直前に、おたふく風邪にかかってしまい欠席した1人なので、幼稚園最後となる今年の器楽演奏会参加に賭ける意気込みは、子供よりも親の方が必死だったのは、我が家だけに限った事では無かったでしょうね

でも幼稚園側も考えてご配慮いただき、2月末に幼稚園内でミニ演奏会が開催されるので、欠席園児にとってもその親御さんにとってもせめてもの救いです。

折角、必死に練習したのですから、もう一度発表するチャンスがあることは、とても良いことだと思います。ありがとうございます。

最後の修羅場へ

大量のペンギンの群れの中で、親子同士がそれえぞれを探し合うような修羅場を乗り切ってから、やっと解散で帰宅の途につく事が出来ました。

ガンプラ挽歌第33回器楽演奏会8

2年後は、今度は、息子が娘と同じ幼稚園なので、第35回と36回の神奈川県幼稚園器楽演奏会で、このホールに来る事になる予定です。

ガンプラ挽歌第33回器楽演奏会9

子育ての道はまだまだ続きます。

今日の娘のギャラリー

見ての通り、【タコ】だそうです。ずいぶんとカワイイお顔のタコです。顔がかわいくて、それでいて【タコ】なので、逆に妙な怖さを感じてしまいます。

ガンプラ挽歌第33回器楽演奏会10

この作品は、ガンプラや模型作りで使うために私が持っていた「紙コップ」を、例の如く、私が仕事で不在中にどこからか探し出してきたようで、何に使うのかと思えば、ご覧の創作作品に使った次第です。

でも、足を鉛筆か何かでカールさせてクセを付ける所が、洒落ていてポイントが高いような気がします。親バカですいません・・・

編集後記

最後までお読みいただきまして、まことにありがとうございます。

本日放送の、FM NACK5の【FUNKY FRIDAY】(ファンキーフライデー・通称:ファンフラ)の中で、ナオト・インティライミが確かトップ4でしたか。以前、同じFM NACK5の「キリン一番搾り One More Point!」(パーソナリティー:ブラザートム)でゲスト出演した時に、世界を放浪した時のこと(2003年から28か国)を話していて、面白かったです

ナオト・インティライミ - 今のキミを忘れない【フル.北川景子ver.】

それにしても、長丁場の生放送ラジオ番組なのに、いつも元気な声とファンキーな語り口で楽しませてくれる【小林克也】さんを祝し、応援したいと思います。せぇーのぉ、ファンキぃーーーィィィィィイィぃぃぃイぃぃイぃぃいイぃぃぃぃイいぃぃぃイぃぃぃイいぃいぃイぃいイぃぃいぃイぃぃいぃイぃいぃぃいイぃいイぃぃいぃイぃいぃぃいイぃぃぃイいぃぃイぃぃいイぃぃいぃイぃぃぃいぃイぃいぃぃイいぃイいいぃイいいイいいいイぃイぃぃぃぃ・・・・・・・・・・・・・・・・・これからも、元気で願張ってくださぁい!

スポンサーリンク