暮しの生活自由帳

健康で文化的な最低限度の生活を営むために、暮しの節約ネタや思わず手帖に綴って栞にしたくなる生活風景を自由帳にまとめています。

紙芝居【ままのかいもの】

この記事を読むのに必要な時間の目安は: 約 7 分です。

 

風薫る5月も、「アッ!」というまに過ぎ去ってしまいましたが、みなさまにおかれましては、いかがお過ごしでしたでしょうか。

我が家では、先日、小学校1年生の娘が、「裏の白い大きな紙が欲しい!」と言うので、家の中から見つけ出して渡すと、「見ちゃダメ!」と、昔話「鶴の恩返し」みたいな事を言って、作りあげたものがこれです。

紙芝居【ままのかいもの】文・絵ともに娘です。もう5回くらい、強制的に観させられた、観せていただきましたので、みなさまにも、ご紹介したいと思います。ただし、娘が上演すると、舞台劇のように、毎回、アドリブなどが入るので、覚えている限りでの、ご紹介を。では、はじまりぃ、はじまりぃ・・・

「ままのかいもの」

(裏に、文を書いて貼り付けてあり、絵をこちらに見せながら、文を読み上げています)

ガンプラ挽歌ままの買物337

「昔、昔、ママがいました。買物が好きなママでした。」(昔、昔って・・・昔話なのか?)(アドリブで、「買物が好きで、いつも買物をしています」なんて付け加えたもんだから、「好きで行ってんじゃないわよ!」「あなたたちの食べるものを買いに行ってるんでしょ!」と、本物のママに怒られていました。)(でも、娘はひるまず、続けます。)1,2・・・

ガンプラ挽歌ままの買物339
ガンプラ挽歌ままの買物340

 
「ママは、買物に行きました。先にお小遣いを見てOK、お札もOK」
(お小遣いとは、硬貨のお金の事です。自分にとってのお小遣い=小銭ですね。)(なぜOKかというと、妻がスーパーのレジで会計の時に、手持ちのお金が足りなくて、その場で商品を返したことがあったからです。)(みんなで買物に行ったときなど、妻が私に、「3円ある?」と聞いて、渡したりするからです。)(アドリブで、「お金があったので買物に行きました。」なんて最後に付け加えた時もありました。)(小銭やお札をチェックしてOKしてから、買物に行け!なんて、なんて嫌味な小学1年生なんでしょう・・・)(でも、ひるまず、娘の紙芝居は続きます。)1,2・・・

ガンプラ挽歌ままの買物341
ガンプラ挽歌ままの買物342

 
紙芝居の絵は、横の車道に車が走り、ママが歩道を歩いているところを描いていますね。車道には、チャンと制限速度表示の【40】の数字まで書かれています。但し、片側は【40】なのに、反対側は【41】になっています。(【41】キロ 制限って、どこかにあったっけ?・・・)

「それで、ママはスーパーに行きました。」「あっ、もうチョットだ」「ママは、スタイルをつけて、ランランと行きました。」(スタイル?・・・ランランと?・・・どうも、嬉しい気持ちを体で表現して、スキップでもしながら、鼻唄まじりにスーパーに行ったと、いうことのようです。)(娘は、自分がスーパーに行くと、確かに探検気分で、各売り場を所狭しと、物色していますね。)1,2・・・

ガンプラ挽歌ままの買物343
ガンプラ挽歌ままの買物344

「やっと着きました。何を買うんだっけ?」「そうだ、トマト、キュウリ、ニンジン、豚肉だ!」(よく見て、聞いていますね。妻は、買物に行く時に、事前に買うものを紙に書いて、あまり持っていかないので、時々、帰って来てから「あっ、アレ買い忘れちゃったぁ」とか、買物中に「え~と、何を買うんだっけ・・・」とか言ってます。その事を、書いているんでしょうけど、返す返すも、なんて嫌味な小学1年生なんでしょう・・・)(でも、正確には、野菜は、八百屋さんで買ったほうが安いので、なるべくスーパーでは買わないようにしてますけど・・・)1,2・・・

ガンプラ挽歌ままの買物334
ガンプラ挽歌ままの買物346

 
「そして、全部、買い終わりました。」「今、レジに居ます。」(本当は、「そして、全部、無事に買い終わりました。」と、言いたいんでしょうね・・・たまに、アドリブでも言ってましたから。商品も返品せずに、お金も足りて、無事にと・・・良く見ると、紙芝居の絵の中で、ママは万歳をしていますね。そんなに買物をすることは、凄いことだったのか・・・)1,2・・・

ガンプラ挽歌ままの買物347
ガンプラ挽歌ままの買物348

 
「そして、レジも終り、今から帰ります。」「また、明日。」「らりるれ、スキップ、ランランラン」「おわり」(良く見ると、車道の速度表示が【30】になってますね。さっきは【40】と【41】、どこの不思議な道路なんだろう?)(「また、明日、買物に行くのね。ハイハイ!」と、妻に突っ込みを、入れられていました。)(「らりるれ、スキップ」って・・・なんか、あっているようで、あっていないような、なんとなく不思議です。)(本当に、買物帰りに、ママが荷物を持って、歩道をスキップしてたら、チョッと怖いかも・・・)

ガンプラ挽歌ままの買物349
ガンプラ挽歌ままの買物350

 
それでも、紙芝居の上演が終わるたびに、拍手をして「すごいね!」「ひとりでかんがえたの?」なんて、声を掛けると、照れくさそうに笑う6歳の笑顔でした。

我が家の野菜たち

子供たちと一緒で、日に日に大きくなる、我が家の野菜たち。

(下)娘の「こどもちゃれんじ」に付いてきた「ヒマワリ」は、プランターに植えかえて、3本がなんとか大きくなってます。

ガンプラ挽歌ままの買物318

(下)「オクラ」は、子供らしい、ランダムな種の蒔き方なので、妙に密集しています。もう少しで、間引きが必要ですね。

ガンプラ挽歌ままの買物328

(下)「パセリ」は、結構、芽が出るのに、日にちが掛かると思っていたら、一気に細かいのが出ました。

ガンプラ挽歌ままの買物319

(下)「アサガオ」も、育っています。もう少し伸びてきたら、棒を立てましょうか。

ガンプラ挽歌ままの買物324

(下)「ミニトマト」たちも、育っています。

ガンプラ挽歌ままの買物325

トマトは、あまり水をやると、大きいばっかりで、水っぽくなるので、土が乾いたら、少し水をやる程度にしています。もう少しで、実がなりそうです。子供たちは、毎日、「早く、食べたい!」と、トマトばっかり見ています。

(下)「ゴーヤ」です。西側の窓を、グリーンカーテンで覆うべく、新たに苗を買ってきました。

ガンプラ挽歌ままの買物326
 
昨年は、観賞用で食べれないゴーヤで、ある程度大きくなると、実が爆発していましたが、今年は、「食べられるグリーンカーテン」が流行りなのか、新聞記事では「ミニメロンのグリーンカーテンの苗が完売」とか、苗を買いに行った島忠にも、食べられる苗しか売っていませんでした。時代ですね・・・

ガンプラ挽歌ままの買物353

けなげにも、細いつるを必死に伸ばして、一所懸命に伸びようと願張っているゴーヤくんです。その姿に感動しました。

坂本龍馬【遊魚動緑荷】

京都伏見の寺田屋さんに、昔、よく泊まりに行った時に、覚えた書の言葉です。読みとしては、漢詩なので、

「遊魚動緑荷」 【遊魚(ゆうぎょ)、緑荷(りょっか)を動かす】

となります。緑荷とは、池に浮かぶ「蓮(はす)」です。意として、一般的なのは、【池で遊んでいる魚でさえ、ハスの葉をつついたりして、大きなハスを動かしている。人間が、天下国家を動かそうとして何が悪い。(または、天下国家を動かそうとするのは、当然である。)】と、いわれています。当然、龍馬は、新しい国家は実現できる!しなくてどうする!と、言っていました。それも、平和裏に、内戦をせずに。小さなものから、学ぶことは、結構多いです。

編集後記

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました。

6月2日(土)は、茅ヶ崎市内の各小学校で、運動会が行われる予定です。お天気は、曇りで時々雨?なんて予報が出ていますが、なんとかもって欲しい所です。

娘は、運動会でダンスを踊る演目があるそうですが、使われる曲が、福山雅治 「生きてる生きてく」です。知ってる人は知っている、知らない人は知らない、映画「ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~」の主題歌ですね。家でも、妻の携帯に曲をフル・ダウンロードして、再生で流し、娘が何回か、ダンスを披露してくれました。そのおかげで、曲の歌詞を覚えてしまったほどです。

福山雅治 生きてる生きてく FULL 歌詞付き

私の小学校1年生の苦い記憶は、算数です。

先生が「1の位(クライ)、10の位(クライ)」とか、「10になると10の位に繰り上がる」とか「位が上がる」と説明していたのですが、さっぱり理解できず、小学校3年生くらいまで、「位→フライ」「上がる→揚がる」と理解しており、「フライだから揚がるんだなぁ」と・・・食べることに関連つけていました。その後、小学校3年生の頃、「フライ→位」「揚がる→上がる」と知ったときの、カルチャーショックは、今でも覚えています。

あとは、ノートを、その日の気分で開いた、好きなページを使って書いていたので、ある時期から、数人と放課後に残されて、私の場合は、もう一度、ノートを別のノートに日付順に、書き直させられました。これについては、今でも、「どこのページを使ってもいいじゃん!」と思っています。この2点は、今でも覚えている、小学校1年生の苦い記憶です。

スポンサーリンク

 - 育児・子育て手帖 , , , , , ,

PAGE TOP ↑