暮しの生活自由帳

健康で文化的な最低限度の生活を営むために、暮しの節約ネタや思わず手帖に綴って栞にしたくなる生活風景を自由帳にまとめています。

平塚七夕なw

この記事を読むのに必要な時間の目安は: 約 3 分です。

 

第61回 平塚七夕まつり に行ってきました

今年は東日本大震災を受けて、夜は19時までで終了です。七夕飾りの登りも電動はありますが、電球は入っていません。

七夕飾りP1040517.jpg

七夕飾りP1040507.jpg

昔は、前田武彦さんの番組が中継で来たり、結構TV番組が中継で来ていましたが、製作費の経費削減でしょうか? 近年は来なくなりました。

平塚七夕まつりP1040506.jpg

平塚七夕まつり

昔は、飾り竿が1本何百万円なんてのがありましたが、今では、竿の元となる太い竹を用意するだけでも大変でしょうね。

平塚七夕まつりP1040521.jpg

平塚七夕まつりP1040502.jpg

近年まで開催期間は一週間でしたが、7日→5日→そして今年3日と、期間が年々短くなってます。

まあ7日もやると、そのうち2日位は、必ず雨に降られていましたから、梅雨時の行事は水ものです。

平塚七夕まつりP1040503.jpg

平塚七夕まつりP1040504.jpg

今年も、おばけ屋敷がありました。大音量で、中に入った人の悲鳴を流して宣伝効果バツグンです。

「ぎやぁぁぁぁぁあああ」なんて、ガンガン流れていました。子供は恐がっていまいたが、悲鳴が恐いのか、中のおばけが恐いのか、分からない状態です。

平塚七夕まつりP1040522.jpg

平塚七夕まつりP1040508.jpg

今年は、東北地方や上野に来たパンダを題材とした飾りが多いような・・・

平塚七夕まつりP1040509.jpg

平塚市は、花巻市と友好都市の関係にあるようで、被災地の子どもたちが書いた短冊が、横に張りだして飾ってありました。

被災地の子どもたちが書いた短冊P1040510.jpg

書いてあることは、「早く」「復興」「町」「笑顔」「普通」などの言葉が入ったものばかりでした。

被災地の子どもたちが書いた短冊P1040511.jpg

鉛筆で書いて、上からマジックで本書きしてありました。「どんな気持ちで書いたんだろう」と思うと、一所懸命にヘタでキタナイ字で書いてあればあるほど、涙なしでは見れませんでした。こういう子どもの気持ちを、一人の大人として、しっかりと受け止めてあげたいと思います。

模型記事は、次回、まとめてUPします。

<編集後記>

本日も、ご覧いただきまして、ありがとうございました。

東日本大震災で被害を受けた方々に、一刻も早い復旧と、復興を心から祈り、kizuna311を応援したいと思います。

絆[kizuna311]助けあい、乗りこえる。私たちの財産は [kizuna]

の中から、本日は、#34 “Dedicated to the people of Japan from SF”

こちらも、応援しております。模型のチャリティオークションで募金を東北地方太平洋沖地震復興応援プロジェクト「ボールジョイント」 チャリティオークション

balljoint-banner1.jpg

スポンサーリンク

 - 平塚市 ,

PAGE TOP ↑