我が家では同じ茅ヶ崎市内に、ついに明日と明後日で引っ越しです。

なるべくお金をかけないようにしているので、ホント大変です。引っ越しで忙しくなる前の7月上旬に、模型作りを我慢し家庭サービス。

「家庭サービス 行ってきました 動物園」・・・(字あまり)

これじゃぁ、ガリゾウみたいに「明日のオヤツなーし」になっちゃうなぁ・・・

金沢動物園1P1040431.jpg

神奈川県横浜市金沢区釜利谷東にある、「金沢動物園」の入口です。

動物の模型が出迎えてくれます。1/8サイズでしょうか・・・人形フィギュアによくあるサイズと同じ縮尺ですね。気分が盛り上がります。

(下左)トンネルを抜けると、今度は動物のオブジェがお出迎えです。親をほったらかして、2人とも猛ダッシュで、どこ行くんですかね・・・
[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

金沢動物園2P1040373.jpg

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

金沢動物園3P1040379.jpg

[/wc_column][/wc_row]

(上右)これは、テンジクネズミ科マーラ属に分類される齧歯類の「マーラ」です。不思議な動物です。エロかわいいと言うか、キモかわいいと言うか・・・でも、走行速度は時速45kmに達すると言われています。

(下左)ご存知、バクです。思ったよりも、実物は愛嬌があり、不思議な姿です。正式にはバク科バク属に分類される「ベアードバク」です。大和田獏さんのお友達ですね。
[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

金沢動物園4P1040381.jpg

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

金沢動物園7P1040386.jpg

[/wc_column][/wc_row]

(上右)いよいよ、子供達の大好きなゾウです。

(下左)オスの「ポン」は、キバが伸びすぎて折れてしまったそうですが、それでもいまだに伸びていて、この位あります。名前の由来は「ポンペイ」から、来たからです。
[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

5P1040384.jpg

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

金沢動物園6P1040385.jpg

[/wc_column][/wc_row]

(上右)メスの「ヨーコ」とは、とても仲良しです。こちらは、横浜にちなんでの名前だそうです。ダウン・タウン・ブギウギ・バンド通算2枚目のシングルの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」からですか。案外、命名は安易じゃないか?

(下左)ゾウさんに先着100名が餌をあげれるので、30分並んで子供2人が、渡された横浜市の期限切れの備蓄用乾パンをあげました。

だけどチョットいいですか・・・、先着100名なんだからカップルじゃない限り、家族連れの大人があげて子供よりも大騒ぎしているのは、ちょっと遠慮して欲しいですね。子供が餌をあげて喜ぶ顔が見れたら、満足出来ないかなぁ・・・並びたくても人数制限で、並べなかった子供がいるんだからさぁ・・・と、思ってしまうのは、私だけでしょうか・・・「ヨーコ」は、鼻の先を、上手く使って、食べていました。大豆を摘まむことも出来るそうです。恐るべし象の鼻先。
[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

金沢動物園8P1040391.jpg

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

金沢動物園9P1040397.jpg

[/wc_column][/wc_row]

(上右)サイ科インドサイ属に分類されるサイ です。とても大きくて、鎧を着ているようです。体長は3メートル位、体重は1トンを超えるのも居るそうです。こう見えても、草食系で普段はおとなしいのですが、警戒心が強く、走ると時速50kmで突進します。そんなサイですが、角を狙った乱獲のため絶滅寸前です。漢方薬として使われる話を聞いたことがありますが、医学的には根拠がないそうで、悲しい現実です。

霊長目、テナガザル科、シロテテナガザルです。

金沢動物園10P1040400.jpg

(上)左が牝のインタンで、とても上手に「ホエーッ」と歌を唄います。その声に子供たちも大喜びです。唄うのは、牝だけのようです。右は牡のユータロウです。二人はとても仲が良いそうです。二人とも人工保育で育ったせいで、指しゃぶりの癖が残っているそうで、野生のシロテテナガザルには、この習性はないそうです。
[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

金沢動物園11P1040403.jpg

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

金沢動物園12P1040404.jpg

[/wc_column][/wc_row]

(上左)インタン、(上右)ユータロウですが、別々に育てられたのに、おしゃぶりの癖は左と右。指しゃぶりがどちらの手かで、見分けがつきます。有袋類、カンガルー目、コアラ科コアラ属で、現存する唯一種のコアラです。

(下左)寝ています。1年前に来た時も、寝ていました。ずっと、寝ているのか・・
[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

金沢動物園13P1040409.jpg

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

金沢動物園14P1040410.jpg

[/wc_column][/wc_row]

(上右)外で、動くコアラ発見!1日20時間は寝るそうで、起きてるのは4時間だけか・・・うらやましい・・・子供よりも大人の方が、動くコアラに興奮して大騒ぎ。どこかのお父さんが自分の子供に「◎◎ちゃん、コアラだよ!見なさい!!誰のためにここまで来たと思ってるの!!?ちゃんと見なさい!!!」と叫びながら、アラーキー並みにカメラを必死に撮っていました。お疲れ様です。

(下左)有袋類カンガルー目の一群、カンガルー科のヒガシオオカンガルー 。カンガルーの中では最大級で、草食系で可愛いナリをしているのに走るスピードは70km、ボクシングのように殴り合うが蹴りもつかうので、K-1戦士も真っ青。尻尾で体を支えて両足で前蹴りの場合、人間ならば内臓破裂する位の破壊力があるそうで、エントリーしてみてはどうでしょうか。
[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

金沢動物園15P1040414.jpg

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

金沢動物園16P1040425.jpg

[/wc_column][/wc_row]

(上右)鯨偶蹄目キリン科に属する、アミメキリンです。 中国明代の武将が、連れ帰ったキリンを「麒麟」として、皇帝に献上した故事にちなんで、近代になって命名されました。カンガルー同様、草食系のクセに時速50kmで走り、ライオンに襲われた時はキックで応戦しますが、キックは強烈で、ライオンを蹴り殺すこともあるそうです。かわいい顔の草食系動物は、キレるととても恐いことが分かりました。人間社会と似ています。

ここで、朗報です

キリンは法律上、個人がペットとして飼育できるそうで、日本国内で個人が飼育できる、最大級の陸上哺乳類です。ただし、寿命は約30年と長く、餌代だけで莫大な費用がかかります。また、飼育には各自治体の許可が必要な上、輸入には検疫が必要なので、飼われる場合は相当の覚悟を要します。どうりで、個人で飼われている話を聞かない訳ですね。

水戸黄門ではないですが、「もう、いいでしょう・・・」帰りましょうね。

えっ・・・右のほうに長いすべり台が見えるって、オイオイ・・・また突撃か・・・

金沢動物園17P1040430.jpg

3時の方角に、断崖絶壁を利用した「こども広場」が・・・見つかってしまいました。動物園に来た時に、子供には見せないようにしたつもりなのに、子供のほうが一枚上手だったか。

金沢動物園18P1040433.jpg

その後、ここで100mのローラーすべり台をはじめ、急斜面を利用した兵士の訓練施設並みの遊具で、1時間30分も付き合わされ、「帰ろう」と言うと逃げるので、泣き叫ぶ息子を抱えて、強制的に連れ帰ったのは言うまでもありません。人攫いか虐待で、通報されなくてよかったです。いいよなぁ、お前たちは帰りの車で寝やがって・・・ずるいぞっ・・・

永い一日が終わりました。まあ、怪我もなかったのでメデタシメデタシ・・・ですかね

<編集後記>

本日も、ご覧いただきまして、ありがとうございました。

東日本大震災で被害を受けた方々に、一刻も早い復旧と復興を心から祈り、kizuna311を応援したいと思います。

絆[kizuna311]助けあい、乗りこえる。私たちの財産は [kizuna]

の中から本日は、#39 渡辺謙「おべんとうの歌」朗読

スポンサーリンク