暮しの生活自由帳

健康で文化的な最低限度の生活を営むために、暮しの節約ネタや思わず手帖に綴って栞にしたくなる生活風景を自由帳にまとめています。

ほたるいかミュージアム

この記事を読むのに必要な時間の目安は: 約 3 分です。

 

昨日、無事に息子の幼稚園入園式が終わり、今日から通園バスで幼稚園に行き出しました。

入園式は、卒園式と違い、感動よりも余計な事や迷惑を掛ける事をしやしないかと、ハラハラドキドキのほうが勝るので、感動をする暇がないと言うのが、正直な感想です。案の定、入園式の最中や集合写真を撮る時に、泣き叫んで親を呼ぶ子が数人・・・ウチの子はと言うと、結構大人しく座っていたので、少し安心しました。

が、集合写真では、一人だけピースサインをしており、泣き叫ぶ子が居たので、先生達もカメラ屋さんも、そちらの方に気を取られていたせいか、注意をされないまま「カシャッ!」でした。何枚か撮っていたのですが、たぶんピースサインをしているのが正規版になるんだろうなぁ・・・

姉弟揃ってピースサインをするとは、親の教育がなってない!と怒られそうです。どうもすいませんでした。

今回は、3月下旬に富山県に行ったときに寄った

【ほたるいかミュージアム】です。

公式HP www.hotaruikamuseum.com/

ガンプラ挽歌ほたるいかミュージアム2

場所は、富山県滑川市の海のそば、滑川駅から歩いても約8分です。ここには、アクアポケット、休憩施設、深層水体験施設「タラソピア」、レストラン・ショップ、ほたるいかミュージアムの各施設が集まって、道の駅「ウェーブパークなめりかわ」を構成しています。

各施設の紹介は公式HPを見ていただくとして、なにはなくとも「ほたるいか」です。いつものように、子供たちは、初めての場所にもかかわらず、まっしぐらに走りだして先を進みます。

ガンプラ挽歌ほたるいかミュージアム1

入口には、かわいいマスコット・キャラクターがお出迎えです。

実は、この「ほたるいかミュージアム」の館内は、撮影が禁止なので、中はご紹介出来ないのですが、一つの水槽の中に「ほたるいか」が生きたまま入っていて、携帯電話で撮影した「ほたるいか」の写真をメールで送って応募する「フォトコンテスト」を実施しており、唯一、ここで写真が撮れました。

ガンプラ挽歌ほたるいかミュージアム3
ガンプラ挽歌ほたるいかミュージアム4

今回の目的は、生きたままの「ほたるいか」を触ることと、「ほたるいか」の発光ショーを見る事です。

ガンプラ挽歌ほたるいかミュージアム5

館内の「深海不思議の泉」コーナーでは、滑川沖水深333メートルから取水される、低温で清浄で栄養豊富な深層水が湧き出る泉に、家庭用浴槽の3倍位ある水槽が2つあり、その中に生きた「ほたるいか」が入っていて、手で触れます。

手ですくい上げると、ピューっと水を吐きだし、一生懸命に呼吸をしている姿に感動します。ただし、水がとても冷たいので、長時間手を浸けていると、かなり冷たくなってしまいますので、注意が必要です。そして、すぐにトイレに行きたくなることも、覚えておきたいところです。

ガンプラ挽歌ほたるいかミュージアム6

もうひとつの目的である「ライブシアター」は、開演時間が決まっているので、入口の開始時刻をチェックしましょう。天候や採取できない場合は、見る事が出来ない場合があります。

始めに映像で「ほたるいか」をどのように採取して、このミュージアムに運んでいるか、職員の方々のなみなみならぬ苦労を勉強します。そして、網を張った中に「ホタルイカ」がいる、特殊飼育水槽内で、美しく光る「ほたるいか」の姿を見る事がでします。

ようは、網のヒモ持ちあげて落とし「ほたるいか」をビックリさせて、驚いて発光する姿を楽しむという、チョット荒っぽい参加型シアターです。ただ、なんともいえないブルーの光は、神秘的そのものでした。以上、簡単ではありますが「ほたるいかミュージアム」のご紹介でした。

ちなみに、子供たちは「ほたるいか」が「カワイイ」のと「おいしい」のとは違うようで、バクバクと食らいついていました。色気より食い気です。

編集後記

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ここのところ、子供たちの学用品などに名前を付けたり、学校への提出書類や個人データを記入したりと、忙しい毎日のため、返信コメントが遅れますが、3日以内くらいにはお返しするつもりですので、申し訳ありませんが、期待をしないで待って下さい。

ガンプラ挽歌ほたるいかミュージアム7

富山のガソリンはリッター当たり160円くらいと、関東よりも10円位高い気がしましたが、最近、関東でも値上がってきました。庶民には円高は関係ないようです。

スポンサーリンク

 - 富山県 , , , , ,

PAGE TOP ↑