【心頭滅却しても火は熱い】

本日は、あっさりと。本体パーツのサーモンピンクの塗装をしました。

彩色は、サーモンピンクをベースに、蛍光ピンク、蛍光イエローを少量。
その他、白はホワイト、ダクト類は足と腕と同じ色を、筆塗りしました。

以上。と、普通なら終わりですが、あ~あっ・・・やってしまいました。

旧ズゴックの上半身を塗り終わっていたのに汚れが付着

スミ入れをしているときに、汚れ付着!頭の大事な部分に、汚れが付いてしまいました。それも、水性クリアーを吹いておけばよいものを、吹いていません。

少し擦って拭いたら、案の定、下地のスモークが・・・しばらくは、やる気なし夫くんです。

気力を振り絞って、リカバリをすることに・・・今さら、サーモンピンクを全部塗り直す気にもならないので、頭頂だけ塗り直すことに・・・ですが、またもや、やってしまいました。

彩色したサーモンピンクを、もう塗らないだろうと、捨てていました。最悪です。でも、仕方なく再度色を作り直し。

旧ズゴックの頭部の汚れの上から再度色を塗りました

なんとか、塗り直してみたものの・・・で、リカバリしましたが、見ての通り、ご覧のように、頭頂の赤みが異様に強い「ドリフターズの長介&茶の加藤薬局」に登場した加トちゃんの「ズラ」と同じくらい「テカッて」しまいました。

旧ズゴックの頭部を塗り直したらテカりの違いがはっきりしちゃいました

彩色した塗料が余ったら、空いている容器に取っておくことをお勧めします。

旧ズゴックの頭部を塗り直したらテカってしまいました

こういうミスから、模型作りのレベルが上がればよいのですが、上がりませんね。模型作りは「努力」よりも「センス」かなぁ・・・などと悩みます。

旧ズゴックの爪はホワイトと蛍光イエローで塗りました

爪(クロー)は、ホワイトに蛍光イエローを少量加えて吹きました。

今日は「心頭滅却しても熱いものは熱い!」。まだまだ、修行が足りない自分を実感しました。

<編集後記>

本日も、ご覧いただきまして、ありがとうございました。

君は天然色 / 大滝詠一 COVER by hirobich

でも、見ながら、聞いて、また、明日に、備えようっと・・・

スポンサーリンク