今回は、記事にしようと思った小ネタを何本かご紹介です。

なかなか、写真を撮ったのに、記事にすることが出来ずに終わり、遥か彼方の写真データとして、葬られてしまう写真が結構あるので、今年からは、時々、こんな風にご紹介できたらなぁと、思っている次第です。

本音を言えば、そうでもしないと、ブログの更新ネタに困るからでもあったり、小ネタの1つぐらいでは、ブログ記事としてはもの足りないので、お倉入りしている訳で、例えれば、昔のTV番組、夢路いとし喜味こいし師匠の、オリエンタル(のちにグリコ)「がっちり買いまショウ」で、出場者が最後に、帳尻合わせで買い足す「カレー」とかと、同じ意味合いです・・・よね。

はなかっぱキャラクターショー

昨秋に、隣市の平塚の「オリンピック」に買い物に行った時に、たまたま、運良くやっていた、Eテレでおなじみの「はなかっぱ」のキャラクターショーです。

ダウンロード画像12

着ぐるみの「はなかっぱ」をはじめ、6人ものキャラクターが出演して、30分も楽しませてくれたショーでした。なのに、ウチの子を含め、他の子供たちも、成人式で酔っ払って、ハメを外し過ぎて暴徒と化す、一部の新成人のように、、ステージ上に上がろうとして、係員のお姉さまに阻止される子も、何人かいました。

きっと、ステージに上がりたがる一部の新成人は、小さい時にキャラクターショーで阻止された、苦い経験を持っているのでしょう。

キャラクターショーが終わったら、最後は、長蛇の列をひたすら我慢して順番を待つ、キャラクターとの握手会です。

ダウンロード画像13

「よかったね、握手できて」と、娘に言うと、「握手した時に、ありがとうっ、て言ったのに、はなかっぱも、ももかっぱちゃんも、頭をなでてくれたけど、何も言ってくれなかった」と、少々、ご機嫌斜めでした。

入浴剤のオマケ

先日、仕事から帰ると居間のテーブルの上に、タッパーに入った、一見、「こんぺいとう」のようなモノが置いてありました。

ダウンロード画像6

子供たちのお菓子かと思って、開けてみると、私が時々買ってくる、「100円ショップのシュワシュワ」(我が家ではこう呼んでいます)の、お風呂の入浴剤の中から出てくる、キャラクターのオマケでした。チマチマと集めて、取って置いたようです。

ダウンロード画像7

後から、娘に聞いたら、このオマケのキャラクター1つ1つに、名前があるそうです。●●ちゃん、■■ちゃん・・・自分で名付けたそうです。

しかし、たぶん聞くたびに、違う名前を言うんだろうなぁ・・・

きかんしゃトーマス

これも、先日、仕事から帰ると、息子が「じいちゃんが、きかんしゃトーマスを作ってくれたぁ」と、高々と、何やら手にしたモノを掲げていました。

ダウンロード画像3

ダウンロード画像1

トーマスと言うよりは、全長といい、ゴードンに近いような気がしますが、船にも見えます。

ダウンロード画像2

ダウンロード画像4

チャンと顔が書いてあります。後ろの、紫色っぽいのは、連結器だそうです。

ダウンロード画像5

でも、きかんしゃトーマスって、こんな感じでしたっけ・・・

以上、じいちゃんの「悲観車トーマス」でした。今夜は、怖くて眠れません。

俳句漢字かるた

娘が、冬休み前に、幼稚園から貰ってきました。1月に、父兄参観日を兼ねた、かるた大会が幼稚園であるそうです。大人も一緒にやると、結構、俳句の勉強になります。

ダウンロード画像9

小林一茶、松尾芭蕉、島崎藤村の俳句が、書かれています。振り仮名はないので、大人も分かっているようで、読めない場合がありました。

ダウンロード画像10

「これがまあ ついの栖か 雪五尺」一茶・・・(ついのすみか)、「あら尊 青葉若葉の 日の光」芭蕉・・・(あらとうとう)など、うっかりしていられません。

ダウンロード画像11

そんな中、じいちゃんが読んだ時のことです。

「すずめのこ そこのけそこのけ おんまがとおる」いっちゃ!

あーあ、言っちゃったぁ・・・

息子などは、じいちゃんの顔を見るたびに、「じいちゃん、いっちゃ、って、言っちゃったんだよねぇ」と、何度も言って、からかう始末です。

こんな感じが、最近の我が家の風景でした。メデタシメデタシ・・・